B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール (いしかわ ちあき)兵庫県神戸市出身。印刷会社で広告デザイン、建築会社でインテリアデザインを経験。その後、自身で制作した作品を販売する雑貨店経営を経て、IT企業で6年間、総務の仕事にも従事した。また、2005年に日本メンタルヘルス協会公認心理カウンセラーの資格を取得。自身の婚活経験を婚活中の人に役立てようと起業を決意。2016年7月にmarriage support SEEDSを設立した。【ホームページ
 
 
 
結婚相談所、marriage support SEEDS(マリッジサポートシーズ)の代表、石川千玲氏は、自身が婚活で様々な苦難を乗り越えた経験を活かすために起業。公認心理カウンセラーの資格を有し、今も学び続けている心理学の知識を活用して一人ひとりの内面をケアしながら、親友のように顧客に寄り添ったサポートを続けている。石川代表に、顧客へのアドバイスの秘訣やモットーをうかがった。
 
 
 
様々な職業経験と心理学の知見を持つ
 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン こちらはご自宅兼相談スペースだそうですね。石川代表ご自身が内装やインテリアをコーディネートされたと聞いています。カントリー調で、とても素敵な空間だなぁ。
 
石川 ありがとうございます。以前、デザイン関連の仕事をしていた経験があるのと、色彩検定の資格を持っていますので、そのノウハウが活きていると思います。
 
タージン そうなんですか! 石川代表がどんな経験を経て結婚相談所を開くに至ったのかを、詳しく教えていただきたいです。
 
石川 私は印刷会社で印刷物のデザインを、建築会社でインテリアデザインの仕事をしていた他、自身で制作した雑貨を販売するお店を開いていたこともあります。また、IT企業の総務の仕事など、これまでに様々な職業を経験してきました。
 
タージン それはすごい。感性が豊かでないと務まらない仕事が多いですね。
 
石川 また、昔から心理学に興味があったので、2005年からカウンセリングを学ぶ教室に通い始めました。その1年後に離婚したのですが、心理学を学んでいたことで自分自身の心をケアできたのです。それで、自分の経験を人に伝え、カウンセラーとして人の役に立ちたいと考えたのが、今の仕事に興味を持ったきっかけです。