B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

高難度な空撮も確実に 
心を掴む作品をつくる

 

スキルの質、量、幅が必須のドローン撮影

 
glay-s1top.jpg
小曽納代表がドローンを利用し撮影した動画
水野 水戸市大塚町でドローン撮影教室を開催する予定だとお聞きしました。
 
小曽納 ええ。ドローンで撮影した写真は通常撮影とは異なる技術、加工が必要ですからね。私は、撮影はもちろん加工編集も自分で行っているので、そのノウハウをお教えして、ドローン撮影をさらに楽しんでいただければと考えています。
 
水野 最近はメディア業界でもドローン撮影が増えています。小曽納代表のもとにも空撮の依頼は多いのですか?
 
小曽納 ここ1〜2年でかなり増加傾向にあります。自治体の依頼で花火大会やお祭りの撮影も手がけました。
 
水野 地域の行事で使うほど、ドローン撮影は広まっているんですね。私は芸能という仕事柄、カメラのデジタル化、小型化の風潮を肌で感じています。ドローンの登場によって撮影の質、量、幅が格段に向上したと思いますよ。カメラマンも求められる技量が増えたことでしょう。
 
小曽納 おっしゃる通りで、特にドローン撮影は簡単に見えて、実は難しい作業なんです。というのは、ドローンの操縦、カメラの撮影、両方の技術が求められるからです。
 
glay-s1top.jpg
水野 自在に飛ばせる、キレイに撮影できるのどちらかだけでは駄目なのですね。
 
小曽納 あと、ディレクターの指示通りに撮影することが得意な人にとっても、ドローン撮影は難しいかもしれません。ドローンからの映像をイメージするのは、撮影経験のないクライアント様には難しいもの。だから、いただいた指示を自分の感覚に落とし込んだうえで自分なりに撮影したほうが、かえってクライアント様に喜んでいただける写真が撮れることが多いんです。
 
水野 なるほど。ドローンによって、思ったままの角度、動きの画を撮れるようになり、ぼんやりとしたイメージを確実に写真に切り取る腕が、今まで以上に必要になったわけですね。ちなみに小曽納代表はその技術を確立するまでに、どれくらい練習しましたか?
 
小曽納 500〜600時間ですね。暇さえあればドローンを飛ばして練習していましたよ。やはり、数をこなすことが上達への一番の近道です。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事