B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

あふれる知識と経験で 
大家さんの悩みを解決

 

働きながらMBAやFPなど5つの資格を取得

 
glay-s1top.jpg
タージン それが現在の奥様というわけですか。転職先を紹介し、しかも養子としてご自身の家に迎え入れるのだから、東野代表の人柄や仕事への取り組み方が、お義父様から絶大な信頼を得ていたことがわかります。その後の歩みも、ぜひお聞かせください。
 
東野 義父は、酒店を営む傍ら賃貸経営も手がけておりました。いわゆる“大家業”ですね。マンションや工場などを何棟か所有するオーナーでした。私も「いずれは、家業を継ぐのかな」と思っていましたが、10年後、義父が病気になり容体が急に悪化。仕事を覚える時間もないまま亡くなってしまいました。しかし、義父が築いてきた家業をなくすわけにはいきません。義父のことを信頼してくださっていたお客様のためにも、私は印刷製版メーカーを辞めて、不動産賃貸管理会社を継ぐことにしました。
 
タージン 建築会社にお勤めの経験があるとはいえ、不動産のオーナー業は勝手が違ったのではありませんか。どうやって事業のコツをつかんできたのでしょう。
 
東野 義父の仕事ぶりを、お客様から聞いて参考にしてきました。義父は常に「店子さんがいるから、自分の仕事が成り立っている」という意識を持ち、物件に何か問題が起きたらすぐに駆けつけていたそうです。
 
タージン 東野代表ご自身も、たゆまぬ努力を重ねてきたのでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
東野 私は建築の知識は持っていたものの、会社の経営や不動産業については素人同然でした。テナントさんの信頼を得るためにも、まず自分が一人前の経営者になるよう勉強しなければいけませんでした。そこでオーナー業を続けながら学校に通い、経営学修士、通称MBAや医業経営コンサルタント、宅地建物取引主任者、ファイナンシャルプランナー、介護福祉経営士の5つの資格を取得しました。
 
タージン それは素晴らしい! 働きながらの勉強は大変だったことでしょう。東野代表がお義父様や奥様、そしてテナントさんたちのために頑張った姿が想像できますね。自信もついたのではないでしょうか。
 
東野 そうですね。これまでは義父の事業を守ることに精一杯でしたが、知識や経験が増えるにしたがって、自分にしかできないことにチャレンジしようという意欲が湧いてきました。お客様のために、私だからこそできることがあると信じて突き進もうと思ったのです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事