B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

個別指導と映像指導で
学習意欲も成績もUP!

 

塾を子どもたちのための第三の空間にしたい

 
glay-s1top.jpg
タージン ただでさえ難しい思春期の子どもたちに、勉強をさせるのは大変なこと。そんなとき、親御さんでも学校の教師でもない塾の先生に、第三者の立場で冷静に教えていただけると、学習の意欲も高まるというものでしょう。
 
岩下 子どもは、しつこく「勉強をしなさい」と言われると余計にやらないものですからね(笑)。それに、塾の意義は学力を上げることだけではありません。子どもたちにとっては、親や学校の先生以外の大人とふれあう数少ない場にもなるんですよ。特に成績が上がらず学校へ行きたくない、家庭にも居場所がないといった子どもたちが、大人と話すことができるのは塾ぐらい。私は当塾を、子どもたちのための第三の空間にしていきたいと思っています。
 
タージン 頼もしいお言葉です。実際、開業されてみて、手応えはいかがでしょうか。
 
岩下 当塾は、私が生徒さん全員を理解して指導できる理想の塾になったと確信しています。今のところ、体験学習に来たうちの大半の子が入塾してくれていますし、ある生徒さんは土日も欠かさずに、片道40分の時間をかけて塾に通っているんですよ。
 
タージン 生徒さんが頑張る姿を見せてくれると、岩下教室長もやりがいを感じられるでしょうね。
 
glay-s1top.jpg
岩下 はい、とても嬉しいですね。生徒さんたちのために、ますます価値のある塾にしようと励みになります。
 
タージン 岩下教室長は、塾の仕事はどういったところに魅力があるとお考えでしょうか。
 
岩下 私は人と話すことが好きなので、生徒さんたちとコミュニケーションを取ることが楽しいですね。「ありがとう」という言葉を聞くたびに、喜びを感じています。それと同時に、塾は子どもの人生を左右する存在であることを自覚して、覚悟を持って取り組まなければと身が引き締まりますね。今後の目標は、まずは、在籍している生徒さんたち全員を必ず志望校に合格させること。そして、合格して大学生になった子どもたちが20歳になったら、一緒に飲みに行くのが夢ですね(笑)。また、いずれは校舎を増やし、子どもたちの人生を全力でサポートしていきたいですね。
 
タージン 岩下教室長の覚悟は、今日のお話で私にもしっかり伝わりました。そして、誰よりも生徒さんたちが大きな信頼を寄せていることがよくわかりますよ。これからますます、頑張ってくださいね!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
やっていて楽しいと思える仕事に就くことが一番です。あとは意識の持ちようで変わってくると思います。
(岩下祐士)
 
 :: 事業所概要 :: 
  ■ 事業所名 個別指導塾 飛翔館
■ 所在地 〒673-0003 兵庫県明石市鳥羽1535-2 立花ビル205号
■ 事業内容 学習塾の運営
■ 設立 平成29年6月
■ 従業員数 1名
■ ホームページ http://hishoukan.com