B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 愛知県出身。長らくアミューズメント事業に携わる。多角的に事業展開するサンズグループに就職後は、グループ企業の幹部として営業部長、直営のアミューズメント店店長などを務めた。グループの新事業として青空エステート(株)が立ち上がる際に、社長に抜擢。(株)ハウスドゥ!と契約を結び、自身が暮らす兵庫県太子町に「ハウスドゥ 太子糸井店」をオープンする。不動産事業を通じて、社員の幸せと地域の活性化を目指す。
 
 
 
サンズグループの新規事業として、青空エステート株式会社が今年2017年9月にオープンする「ハウスドゥ 太子糸井店」。代表取締役の牧村秀人氏は、自ら暮らして住みやすさを実感した太子町を舞台に選び、住まいを通して町の魅力を伝えていきたいという。また、かつてのトップダウンの組織運営ではなく、現在はスタッフを信頼して仕事を任せ、彼らの幸せを考える経営を目指す。社員も地域も幸せに、と考える牧村社長の思いに迫った。
 
 
 

自身が暮らす太子町で不動産店をオープン

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 青空エステートさんは、今年2017年5月に設立されて、9月には兵庫県揖保郡太子町に「ハウスドゥ 太子糸井店」をオープンされるそうですね。
 
牧村 はい。弊社は兵庫県豊岡市に本社を置くサンズグループのグループ会社でして。本社はアミューズメントや高齢者福祉、飲食、コンサルティングなど多角的に事業展開していて、今回、私が社長に抜擢され不動産事業を新たに立ち上げることになったんです。それで全国に450以上の不動産店を展開する株式会社ハウスドゥ!様とフランチャイズ契約を交わしました。
 
畑山 意欲的な本社が、牧村社長に新規事業を任せたという形なんですね。その舞台として、なぜ太子町を選ばれたのですか?
 
牧村 計画段階から、安心して暮らせる住まいをお客様にご紹介したいと考えていました。そのためにはどの地域がよいのか、いろいろと吟味した結果、私が住んでいる太子町が一番だと思ったんです。太子町は、姫路市やたつの市など市街地にほど近く、それでいて閑静で住み心地も良く、陸上競技場や音楽ホールなど、公共施設も充実しています。人口は2017年現在で3万4000人ほどで、年々増加傾向にあるんですよ。
 
畑山 牧村社長ご自身がここにお住まいで、魅力を実感されていると。この町の良さを深く理解している方に新居を案内してもらえたら安心だし、信頼できますね。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事