B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。短大の体育科卒業を経て、さらに服飾の学校に進み、卒業後に結婚する。30代後半でトリマーを目指して夜間学校に通学した。2005年に「アロマペットサロンウィズ」をオープン。2011年にはNPO法人を組織し、愛護活動にも尽力する。2016年、(一社)スリーフィールドを創設した。JPC認定ペットアロマセラピストインストラクター、アロマ・フランスクレイプロフ、動物自然療法協会認定動物応急救護士など、多数の資格を取得している。【ホームページ
 
 
 
トリミングやクレイによるトリートメントといった外側からのケアと、手づくりの食事などによる内側からのケアを行う、アロマペットサロン「ウィズ」。コンセプトの「ホリスティック・ケア」は、体の一部だけではなく、心身もバランスよくケアするもの。その理念に基づき、体の内外のケアをはじめ、心のケア、さらに飼い主のケアを組み合わせ、ペットを取り巻く環境改善に励んでいるのが、一般社団法人スリーフィールドの三原こず江代表だ。活動に懸ける、三原代表の思いとは?
 
 
 

体の内外からケアを行うペットサロン

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 一般社団法人スリーフィールドの三原代表は、2度目のB-plusご登場ですね。今日は三原代表が運営するアロマペットサロン「ウィズ」にお邪魔しています。まずは、これまでの歩みを改めて教えてくださいますか。
 
三原 30代後半で初めて飼った犬の種類が、日本では珍しいブリュッセル・グリフォンでした。ペットサロンで思うようなカットをしてもらえず「自分でやろう」と思い、専門学校に1年半通ったんです。加えて、ペットサロンでのアルバイトやご近所のワンちゃんのトリミングなどに励み、実践的な経験も積みました。
 
タージン 当時の愛犬との出会いから、トリミング業界に入られたのか。独立のきっかけは何だったのでしょう?
 
三原 犬の体に触れているうち、食事と健康の深い関係性に気付き、食生活へのアプローチを考えるようになったんです。ペットは人が与えるものしか食べられないので、飼い主様にアドバイスさせていただける環境をつくりたいと思い、独立しました。ウィズでは、トリミングはもちろん、水やクレイパック・アロマとイドロラというハーブウォーターでつくったトリートメントといった体の外側からのケアと、食事などによる内側からのケアを行う「ホリスティック・ケア」に取り組んでいます。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事