B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール (きしだ くにまさ)大阪府出身。司法書士試験に向けて勉強する傍ら、コンサルティング会社に勤務。合格後は大手司法書士事務所に所属し、債務整理の相談や過払い金の返還請求などを手がけた。事務所で働きつつ簡易訴訟代理人の認定試験にも合格。様々な場で経験を積もうと、あえて地元密着型の事務所に転職した。その後、地元・岸和田市で開業することを決意し、2017年4月、岸田法務事務所を開いた。【ホームページ
 
 
 
大阪府岸和田市の岸田法務事務所は、2017年4月に開業したフレッシュな司法書士事務所。代表の岸田城政氏は、「人の役に立つ仕事をしたい」と司法書士になり、大手事務所や地元密着型の事務所で経験を積んできたという。ざっくばらんな性格の岸田代表のもとには、問題を抱えた多くの人が相談に訪れている。「法律の世界の町医者」を自認する岸田代表は、どんな悩みも気軽に話してほしいと笑顔で語ってくれた。
 
 
 

実務を学ぶため地元密着型の事務所も経験

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 西岡利晃(元ボクシング世界王者)
西岡 今年2017年4月、大阪府岸和田市にオープンした岸田法務事務所さん。岸和田は、岸田代表の地元でもあるそうですね。今日はまず、岸田代表の司法書士としての歩みから教えていただけますか。
 
岸田 私は司法書士試験に合格する直前から、司法書士法人のコンサルティング会社に勤務していました。無事に合格した後は大手の司法書士事務所へ移籍しまして。結婚したばかりではありましたが、すぐ広島市の事務所へ単身赴任し所長も務めました。
 
西岡 岸田代表の仕事にかける思いが伝わりますね。その事務所では、どのような業務が多かったのでしょうか。
 
岸田 債務整理のご相談や、過払い金の返還請求を数多く引き受ける事務所でした。その他に、少額の裁判なら弁護士と同じ代理人になれる簡易訴訟代理人の認定試験にも合格しまして。多忙な日々が続いたものの、周囲の方々にとても良くしていただき、好きな仕事ができる喜びを感じていました。