B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 神奈川県横浜市鶴見区で、串焼き店を営まれている、「鶴見もつ焼き やまぐち」さんにお邪魔しています。メニューを拝見すると、豚と鶏の串焼きを中心に、もつ鍋、もつ煮込み等のもつ料理、馬刺しなどの一品料理も豊富で、お酒が進みそうなお店です。
 
山口 ありがとうごいざいます。当店自慢のもつ料理や焼き鳥をおいしく召し上がっていただけるよう、料理に合う焼酎、日本酒、カクテルなどのお酒を40種以上用意しています。
 
杉田 もつの風味をいろいろと楽しめるよう、お酒の種類にもこだわってらっしゃると。この界隈は、串焼き店の激戦区とうかがっています。近辺には何軒くらい同業者さんがあるのですか。
 
山口 半径50mの範囲内に、もつ焼き、焼き鳥などの居酒屋が7、8軒ほどあります。この地域は工業地帯なので、お客様はこの近辺で働く職人さんが多いですね。
 
杉田 他店との競争が激しい中で、山口さんが勝負をかけているのは、どんなところですか?
 
山口 やはり味ですね。鮮度の高い鶏肉を横浜・野毛にある鶏肉卸の専門店から仕入れ、炭火で焼き上げています。
 
杉田 野毛というと、おいしい串焼き店が軒を連ねる地域ですね! 私も焼き鳥が食べたくて、2度くらい足を運んだことがあります(笑)。あの人気エリアで扱われるのと同じ鶏肉を使っているんですね。
 
山口 ええ。串焼きの味は、素材、塩加減、焼き加減で決まります。特に、同じ素材でも、焼き加減で全く味が変わるんですよ。東京・中目黒の有名な焼き鳥店の社長は、「最もおいしい焼き方は、元の肉の重さの2割減で焼き上げることだ」とおっしゃっていて、私もそれを心がけています。
 
glay-s1top.jpg
杉田 微妙な重さの変化を感じ取って、絶妙に脂がのったジューシーな焼き上がりにしてくれるなんて、すごいです! JR鶴見駅からも近いですし、本格串焼きがいただけるわけですから、地元で人気があるのも納得です!
 
山口 おかげさまで、現在は地元の方にたくさん利用していただいているので、近い将来、多店舗展開も考えています。ブランディングに成功した暁には、客単価1万円の高級串焼き店を構えるのが将来の夢です。
 
杉田 ぜひ、“やまぐちブランド”を定着させていってくださいね。今日はありがとうございました。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
やりたい仕事に就ける人はそんなに多くはいないと思います。だから、与えられた環境の中で自分から苦労に飛び込み、乗り越えていくことで、できることを広げていく。それが仕事を楽しむことだと思います。
(山口卓也)
 

:: 店舗情報 ::

鶴見もつ焼き やまぐち

〒230-0051 神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-26-3

フェイスブック
https://www.facebook.com/motsuyakiyamaguchi