B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。メッキ加工やバフ研磨を手がける石田鍍金工場の創業者・石田末吉を父に持つ。13歳から家業を手伝い、15歳のとき父の逝去に伴い事業を継承した。1963年、電解研磨の技術を取り入れるとともに事業所名を石田電解研磨に変更。その後も事業を拡大して1986年には法人化し、(有)石田電解研磨工業所とした。ステンレス一筋70年近い経験と技術を活かし、海外での技術指導なども行っている。【ホームページ
 
 
 
「電解研磨」という技術で、ステンレスやアルミなど金属の表面を滑らかに磨き上げる。医薬品や食品を保存するコンテナ、さらに、半導体製造装置などの生産に欠かせない工程を担うのが有限会社石田電解研磨工業所だ。代表取締役の石田龍司氏は、13歳の頃から家業を手伝い15歳で父の後を継いだ職人。「頼まれた仕事は、絶対に断らない」という金属研磨のベテランが解説する、電解研磨のメリットとは──。
 
 
 

13歳でリヤカーを引き家業を手伝う

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 石田電解研磨工業所さんは、ステンレスやアルミなど、金属の研磨加工を手がけておられるそうですね。石田社長は、この道70年近い大ベテランだとお聞きしています。
 
石田 弊社は、私の父である石田末吉が1937年に創業した石田鍍金工場が前身で、当時の事業はメッキ加工だったんですよ。その後、バフ研磨という金属研磨を手がけるようになりました。私も13歳の頃から仕事を手伝うようになり、リヤカーを引き、島田軽金属から鍋の蓋やボール、洗面器、給食用牛乳カップなどの依頼品を山のように積んで帰ったものです。
 
石黒 お鍋のふたや金属製の洗面器をキレイに磨くためですね。そのバフ研磨とは、具体的にどのような技術なのか、教えていただけますか。
 
石田 バフ研磨は、布バフ、フェルトバフなどを回転させながら研磨材にトリポリ、白棒、青棒などを押し当てて金属の表面を磨き上げる技術です。アルミの研磨後はアルマイト加工して製品になります。ステンレス製品は、バフ研磨#400に仕上げていますね。現在、バフ研磨は電解研磨の下地づくりなどに利用されているんですよ。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事