B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

心配りで現場をつくる 
人思いの建築会社

 

仲間を思う心で安心・安全な現場づくりを

 
glay-s1top.jpg
川上 確かにそうですね。お聞きしていて、以前ある小説の一節に、コンビニに来るいろんな方の中でも、一番丁寧なのは現場関係のお仕事をされている方だと書いてあったのを思い出しました。それは現場関係の方々が、林田社長のような考えを持っているからなのかもしれません。
 
林田 特に建築業は1つのものをつくるのが仕事なので、現場にいるみんなの心がバラバラでは良い仕事はできないんですよ。常に周囲の人を思いやり、相手の心に自ら飛び込んでいく。そうすれば気持ちを通い合わせることができて、工事も上手くいくものなんです。小説にそう書いてあったのは、現場関係の人にこうした意識があるからかもしれませんね。弊社としては、工事が上手くいくよう、一人ひとりの体調や適性を見たうえで、適材適所の人材配置を心がけています。また、定期的に食事会やイベントなどを企画して、日頃のストレスや悩みごとを共有し、発散できる環境づくりもしているんです。
 
川上 そうやって日頃から細やかな心配りをされてきたからこそ、周囲の人に恵まれて、良好な関係を築くことができるのでしょうね。
 
長澤 私自身も面接の際には、「何十億という人がいる世界でこうして巡り会えるのも何かの縁ですから、この縁は大事にしたいし、あなたが幸せになれば私も幸せになれるんですよ」とお話しするんです。私が思うに、弊社に初めて来られる方の大半が傷ついたり、苦労を重ねてきたりしてきた人たちです。でもそんな経験を味わった人だからこそ温かい気持ちがあり、仲間を思いやることができるのだと思っています。人は優しさを感じることで人に優しくなれますし、辛い経験をしてきた方の優しさの成長は計り知れないと、この仕事を通して実感しています。
 
川上 林田社長も長澤常務も、思いやりや優しさをとても大事にされているのだとわかります。
 
glay-s1top.jpg
長澤 建築の仕事は安全、かつ安心して工事ができる現場にすることが大前提です。特に弊社の仕事は、表からは見えない、気付かれない仕事を率先して行って、「仲間を助けよう」という意識を持つことが欠かせないんです。
 
川上 なるほど。そういえば、お2人の考えや取り組みのお話に夢中になってしまい、事業内容についてまだ詳しくお聞きしていませんでした(笑)。ハヤシダテクノさんの業務範囲は、かなり幅広いのですよね。
 
林田 はい。弊社は、荒れ地の整地や仮設事務所の設置といった地鎮祭前の準備から、基礎工事、足場架設、そしてサッシの養生やクリーニングといった竣工前の工程まで、あらゆる雑工事を一手にお引き受けしています。
 
川上 依頼があれば、どんな工事でもお任せすることができる、建築業界のなんでも屋さんなんだ。頼りがいがありますね。