B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

三位一体の建築で 
喜びを積み重ねる

 

施主、施工者、建築士が1つになる

 
glay-s1top.jpg
兵庫県の共同住宅
glay-s1top.jpg
洗練されたデザインの店舗・事務所
 どういったジャンルの建築物を主に手がけておられるのですか。
 
中村 幅広く対応していますが、中心としているのは賃貸や分譲マンションなどの共同住宅ですね。その他、個人住宅や商業施設、クリニックなども手がけています。
 
 僕の父は時々、「今回の施主さんはやたらと注文が多いなあ」なんてぼやいていたことがあります(笑)。中村社長も、施主さんの要望とご自身の提案内容が、なかなか折り合わないこともあるんでしょうね。
 
中村 そうですね。一般的には、設計に入る前にまず敷地を見て、周辺の環境を見て、建築物のイメージを膨らませます。そして、施主様のご要望やご予算をうかがってから、私のイメージと摺り合わせていく。その中で、施主様にご納得いただける合致点を見出すのに時間を要することは、当然あります。特に、スタートの段階でボタンを掛け違っていると後々まで影響が残るので、そうならないよう、ご依頼をいただく初期の段階から、コミュニケーションは密に図るようにしています。
 
glay-s1top.jpg
 そういう配慮をしてもらえると、依頼する側としても安心だと思いますよ。僕の知人は自分が施主であるにもかかわらず、建築士さんのデザインに注文をつけるのをためらったことがあるそうです。意見を言いづらい雰囲気があったのでしょう。どこか敷居が高いイメージがあると言いますか・・・。
 
中村 確かに、せっかく描いてもらった図面を否定することに気後れしてしまう方もいらっしゃるでしょう。しかし、建築士の独りよがりになっては良い建築物はできあがりませんので、私は些細なことであっても、施主様と話し合うようにしています。そうすることで、建築士に対するイメージも変わればいいと思っています。
 
glay-s1top.jpg
有料の福祉施設。温かみを感じる内観だ
 それはいい。中村社長のように、建築士さんが積極的に施主側の要望を受け止めてくれる姿勢でいれば、相談しやすいから非常に助かりますよ。それにしても、設計の段階で、施工時のことも考えないといけないから、大変でしょうね。
 昔、父の現場で、職人さんが「そんなことできねーよ!」と言って現場監督に反発し、工事が遅々として進まないことがありました。今の時代、昔ほど頑固な職人さんはいないかもしれません。でも、無理を押し通すと現場の雰囲気も乱れるでしょうし、新国立競技場のように、デザインに懲りすぎて建設費が当初の見積もりよりも高くなってしまっては、施主さんにも迷惑がかかりますし・・・。
 
中村 おっしゃる通りです。技術力や予算、納期といった条件に配慮しながらも、時には施工者に無理を聞いてもらわなければならないこともあります。また、図面には表せないことも多々ありますから、私は施工者ともできる限りコミュニケーションをとるようにしています。現場で打ち合わせをしながら図面と実物とを比較し、的確な指示を出すように心がける。大切なのは、施主様、施工者、そして設計者たる建築士が、一緒になって1つの建築物を完成に導いていけるような関係になることだと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事