B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

明石の海が育んだ幸を 
灰干し製法で全国へ

 

新鮮なおいしさを 
可能な限りそのまま食卓へ

 
glay-s1top.jpg
明石海峡の潮にもまれて育った鯛やタコは、身が引き締まっていて歯ごたえも抜群。地域を問わず多くのファンがいる。そんな明石市の海産物を、明石市公設地方卸売市場を通じて、可能な限りそのままのおいしさを食卓へ届けようと日々取り組む竹野社長。インターネット販売では「明石鯛の灰干し 匠」を売り出し順調な売り上げを出すなど、“明石ブランド”の知名度アップにも貢献している。
 
glay-s1top.jpg
glay-s1top.jpg
吉市水産では、播磨灘の中でも特に美味と評判な鹿の瀬で捕れた魚を多く扱っている
 
glay-s1top.jpg
灰を敷き詰めた上に新聞紙、布を被せて魚を置き、その上にさらに布、新聞紙、灰を被せる「灰干し」
 
glay-s1top.jpg
glay-s1top.jpg
glay-s1top.jpg
灰干しにされた明石の海産物は、八蔵水産がインターネット販売しているので、ぜひチェックを!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事