B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

明石の海が育んだ幸を 
灰干し製法で全国へ

 

最適な加工法や食べ方は“十魚十色”

 
glay-s1top.jpg
西岡 灰干しのインターネット販売では、明石沖の鯛の他に、ガシラや赤舌、サゴシ、穴子、キス、針イカ、タチウオ、サワラのセットも販売されていますね。
 
竹野 明石の新鮮な魚を厳選しているため、内容が多少変更することもありますが、その組み合わせがベースになりますね。
 
西岡 それにしても豪華なラインナップですよね。さすが卸売市場の店がつくっただけあるという出来栄えですよ。今後、追加予定の商品はありますか?
 
竹野 灰干しではないのですが、タコやイカナゴのくぎ煮も考えていますね。
 
西岡 明石のタコは全国に知られる名産品ですし、イカナゴも個人的に思い入れのある魚です。というのも、私の地元、兵庫県加古川市ではイカナゴがよくとれて、小さい頃はしょっちゅう食べていましたからね。あんなにおいしいのに、なんで全国に知られないのか不思議なんですよ。
 
竹野 イカナゴは鮮度が命なので海沿いでないと真のおいしさが堪能できないんですよ。だから弊社では、水揚げ後すぐにくぎ煮にすることで、旨味を逃さないようにしています。
 
西岡 なるほど、魚によって取り扱い方や最適な加工方法が異なるのか。タコを灰干しにしないのも、それが理由ですか?
 
竹野 タコに関しては乾燥させるより、そのまま食べたほうがおいしいというのも理由です。最適な加工方法がそれぞれ異なるのと同じく、一番おいしく味わえる方法も種類によって違いますからね。
 
glay-s1top.jpg
西岡 では、鯛の最もおいしい食べ方を教えてください!
 
竹野 シンプルに焼いて食べるのが一番だと思っています。じっくりと焼いたものを一口食べてもらえれば、なぜ明石の鯛が最高品質と言われるのかをご理解いただけるはずです。調味料もいっさい必要ありません。
 
西岡 味を調節する必要がないくらい、素材だけで完成された味わいなんですね。
 
竹野 そこが明石ブランドの最大の武器ですからね。日本だけとはいわず、世界に誇れる魅力だと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事