B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー タージン(タレント)
タージン 株式会社スマイルキッチンさんでは、飲食業界に対象をしぼった、新しい求人サイトを始められたとお聞きしました。井上社長ご自身も、飲食の世界で長くご活躍されてきたそうですね。
 
井上 はい。35年にわたり、企業が運営する飲食店やホテルなどで料理人をしてきて、後半の10年は主にマネジメントに携わっていました。
 
タージン 求人に応募する側の料理人と、採用するお店側の両方を経験されているんですね。自ら求人サイトをつくろうと思われたのも、そうした経験があったからですか?
 
井上 その通りです。今の飲食店経営を難しくしている一番の原因は人材不足だと、常々実感してきましたので。希望に合った人材を見つけられないと、必然的に料理や接遇の教育も不足し、店のクオリティを維持しづらくなります。少ない働き手にかかる負荷が大きくなり、お客様を待たせるなど、満足していただけないようになるため、結果、経営が苦しくなるわけです。
 
タージン ううむ、まさに負のスパイラルですね。
 
glay-s1top.jpg
井上 私が料理の世界に入った頃は、まだ昔ながらの徒弟制度的な師匠と職人の関係が残っており、厳しいことや辛いこともあったものの、周囲の人たちに励まされながら、生き生きと働くことができました。今のように人材不足が常態化すると、皆さん、果たして楽しく仕事ができているのかなと思います。そんな問題意識が出発点となり、自分にも何かできないかと考え、起業を決意しました。
 
タージン 人材といえば、御社の企業理念の中にも「食からひとへ、ひとから笑顔へ」という言葉がありましたね。私も取材で各地の飲食店さんにうかがう機会が多い中、好印象の店というのは、やはり「ひと」の力に負うところが大きいと感じます。
 
井上 そうですね。ある意味、料理がおいしいのは当たり前。そのうえで、お客様の事前期待値にどれだけ応えられるかは、大部分、人材にかかってくると思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事