B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 バル・Tokyo Rice Wine(トーキョーライスワイン)を運営する株式会社ニコカンパニーさん。店内は南ヨーロッパのようなスタイリッシュな雰囲気ですが、ドリンクのメインは日本酒だそうですね。
 
平野 はい。純米酒を中心に、常時30種類以上の日本酒を取りそろえています。若い世代のお客様には主に「これって日本酒?」と思わせるワインのような純米酒が、ミドル世代の方々には辛口の純米酒が好評です。日本酒を気軽に、かつオシャレに楽しめる店が少ないように感じていたことから、独立に踏み切りました。
 
石黒 都心ではなく、郊外で店を開かれたのはどうしてですか?
 
平野 飲食業界で長く働く中で、呼び込みを行わないと売り上げを保てない店をたくさん見てきました。コストがかかる都心に店を構え、そのために客引きを行うくらいなら、都心から離れても、あるいは規模を小さくしても、優れた日本酒や優れた料理、優れたサービスを提供したほうが良いと考えたんです。
 
石黒 郊外店となれば、利用するのは私のような主婦層が多いのではないですか。特に30代以降の、子育てが一段落付いた世代には喜ばれそうです。
 
glay-s1top.jpg
ボリューム満点の「新鮮!こぼれ寿司」
平野 そうですね。そういった方がせっかく来てくださるのですから、日本酒もお料理も、雰囲気も楽しんでいただけるように努めています。料理も味はもちろんのこと、食器や盛り付けにもこだわり、見た目にも楽しんでいただけるようにしているんです。
 
石黒 どのようなお料理をいただけるのか気になりますね。
 
平野 特に人気なのは「新鮮!こぼれ寿司」。北海道産のいくらやネギトロ、しらすを寿司下駄からこぼれるほどに盛り付けたボリューム満点のお寿司で、寿司に合うと評判の「笑みの絆」というお米を使用しています。ハンバーグやバーニャカウダなど、和食以外のメニューも豊富ですよ。
 
石黒 食材にもこだわっておられるのですね。プライベートで訪れたかったな(笑)。
 
平野 いつでもどうぞ! 料理やお好みに合わせて、日本酒をセレクトさせていただきます。楽しい雰囲気を盛り上げる、可愛いラベルの日本酒もあるんですよ。例えばこれなんかどうでしょう?