B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

業界に変革をもたらす 
精密部品加工の異端児

 

メリハリをつけて自由に働ける社風

 
glay-s1top.jpg
川﨑 宇木社長はまさに、業界の“異端児”という印象だなぁ。でも、一番大切な品質を保つという基本的なことは絶対に守っていますね!
 
宇木 もちろんです(笑)。
 部品加工は基本的に“受け”の仕事なんです。お客様から「こういう部品をつくってほしい」という条件提示があり、他社が不可能と判断した品質や精度、納期の要求に対して、どれだけのパフォーマンスが出せるのかが問われます。お客様の様々な課題に応える弊社の仕事に、決められた筋道は存在しません。定められたマニュアルに従ってつくるだけなら、私たちは単なる作業員になってしまう。
 
川﨑 確かにねぇ・・・。どんなに仕上がりがキレイでも、マニュアル通りにしかつくれない人の作品からは、魂が伝わらないもんね。そういう意味では、宇木社長は自分らしさを大切に魂を込めて仕事をしているから、素晴らしい技術を伝えられるんだ。
 
宇木 川﨑さんの仕事は人に夢を与えるものですよね。私も働くみんなに、技術だけでなく夢を与えられる人間になりたいです。
 
glay-s1top.jpg
川﨑 会社の代表は僕らで言う座長だから、暗い劇場になるのか、楽しい劇場になるのか、宇木社長の頑張り次第ですよ! スタッフの皆さんのために心がけていることはありますか。
 
宇木  楽しく仕事をしてもらえるように工夫をしています。仕事中も「話してもいい」と言っていますし、「眠くなったら寝ていい」と言っているんです。ただ必ず、「作業の手は止めてね」、「やる時は集中してやってね」とメリハリのある作業をお願いしています。瞬間的なパフォーマンスってみんな上がるんですけど、継続することは難しいですから、そうやってガス抜きできる時間をつくるようにしているんです。
 出勤体系もけっこう、自由ですよ。社内のカレンダーに休みたい日を書けば勝手に休んでいいという仕組みです。ノルマもありません。その代わり、「やるときは最大限のパフォーマンスを発揮してね」という形。それをやり出してから辞める人もいないですし、お客様からのクレームも減りました。
 
glay-s1top.jpg
川﨑 えぇ!? 勝手に休んでいいんだ(笑)。でも、メリハリをつけたほうが質の高い仕事ができるというわけかぁ~。
 
宇木 ええ。私は仕事が遊びだと思っていて(笑)。
 いつも、どうやって遊ぶかを考えているんです。会社で仕事をしている時間に、どれだけ楽しんで遊べるか。その遊びから生まれてくる発想って、あると思うんですよ。その中で新たなものを生み出す仕事に、スタッフのみんなをつき合わせているんです。