B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

事業の多角化を視野に
人間力重視の人材派遣業

 

多角化経営に向けた短中長期の今後の展望

 
glay-s1top.jpg
山本 Stand Upさんの今後の展望を、短中長期の3観点から教えてください。
 
水杉 短期的な展望として、今年2017年6月スタート予定の漫画喫茶の運営があります。場所は梅田で競合も多い中、どんな新たな価値を提供できるかと期待しています。その後は不動産業へも進出予定です。ゆくゆくは、アウトソーシング、漫画喫茶、不動産を事業の三本柱にしたいと考えているんです。
 
山本 創業からたった半年で、新事業へ着手されるのですね。
 
水杉 事業ではスピード感を大事にしていますからね。昔の友人や元同僚、部下など信頼できる仲間が支えてくれるおかげでもあります。
 
山本 そうやって縁あった人たちがついてきてくれるのも、水杉社長の人間力ですね。では、中長期的な展望はいかがですか?
 
水杉 全国展開ですね。日本各地の人が知っている会社に成長させたいです。長期的には、「この会社で働いてよかった」と従業員が思ってくれる会社にすること。そのためには一部上場など、世間が「Stand Upは良い会社だよ」と認めて、自分たちが誇りに思える企業にしなければいけません。私は経営者として、その道を切り拓いていきます。
 
山本 とても前向きで、お話を聞いていて勇気をもらえます。しかし、失敗が不安になることはありませんか?
 
glay-s1top.jpg
水杉 恐れや不安はありません。だって、失敗してもまた這い上がればいいわけですから。
 
山本 その答えを聞いて安心しました! 僕は2004年のアテネ五輪最終予選で期待に応えられず、バッシングを受けたこともあります。でも、100%の力を発揮して負けてしまうのもスポーツだと気持ちを切り替えたことで、2008年の北京五輪出場につながったんです。だから、失敗を恐れずに可能性を追求する水杉社長に、とても親近感を覚えますよ。
 
水杉 現役時代からプロバレーボール選手のパイオニアとして活躍されている山本さんにそう言っていただけて、励みになります。起業の際に私を心配してくれた両親にも「独立してよかったね」と言ってもらえるように、これからも努力します!
 
山本 その感謝を忘れずに頑張ってください。本日はありがとうございました。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
明確な目標を持って取り組めば、楽しめます。
(水杉瑛)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 株式会社Stand Up
■ 本社 〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-3-1-1100 大阪駅前第一ビル11F
■ 事業内容 アウトソーシング/各種コンサルティング/イベント企画
■ 設立 平成28年12月
■ 従業員数 23名
■ ホームページ http://standup1216.com