B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

事業の多角化を視野に
人間力重視の人材派遣業

 

十人十色の人間力が組織の底上げになる

 
glay-s1top.jpg
山本 そもそも、なぜ人材派遣業を手がけようと思ったのかお聞かせください。
 
水杉 “人が好き”という私の性格、“将来的な多角化経営”という目標を合わせると、人材派遣業が浮かんだんです。
 
山本 多角化経営のための人材派遣業、ですか?
 
水杉 例えば登録スタッフに記入してもらうアンケートに、「夢」という項目を載せています。そこに寄せられた「フラワーショップ経営」「エステサロン経営」などの回答を、弊社の成長に合わせて実現させていきたいと考えているんです。
 
山本 つまり、独立のお手伝いをしてあげるわけだ。そのシステムならば、スタッフの人たちもやりがいを持って働けますね。皆さん、夢は十人十色。そんなスタッフを、組織としてどのようにまとめているのでしょう?
 
水杉 フランクに接するように心がけていますね。あとは相手を大事にすること。世の中には正解があることのほうが珍しいでしょう。だから助言するときも、「こうしなさい」ではなく「僕ならこうするよ」と伝えています。
 
山本 ものすごく共感できます。まずフランクな接し方。バレーボールのチームでも、先輩後輩の垣根を越えてコミュニケーションがとれるようになると、成績も向上するんですよ。そして、押し付けない指導法。バレーボールはワンプレーで3人までしかボールに触れないけれど、それ以外の選手も、ブロックのフォローであったり声出しであったり役割があるんです。それぞれにポジションがあって役目があるという意識を根付かせるためにも、自主性を尊重する方法は効果的ですよね。
 
glay-s1top.jpg
水杉 自主性を磨けば、その人だからこそ発揮できるもの、つまり人間力が培えます。意見を言うときに自分の言葉で話すほうが相手に伝わるのと同じで、自分らしさは本当に大切なんですよ。
 
山本 ということは、水杉社長は営業職時代も、人間力をかなり意識されていたんですね。
 
水杉 はい。会社からもらったマニュアルを自分の言葉で説明できるまで、1人で何度もロールプレイングをしていましたよ。
 
山本 その向上心や、タフなメンタルが、水杉社長の強みですね。実に経営者になるべくしてなったという印象を受けます!