B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

職人は社長自ら育成 
丁寧さが信条の塗装会社

 

下処理から仕上げまで丁寧に

 
glay-s1top.jpg
山本 間近で見るからこそ、伝わることってありますよね。その点は、バレーボールの指導も一緒です。その他に、職人の方々とコミュニケーションをするうえで、心がけておられることはありますか?
 
熊坂 作業を急かさないことですね。お客様によっては、「納期を早めてほしい」とおっしゃる方もいるものの、焦ると誰でも仕事が荒くなってしまいます。もちろん、「早く丁寧に」がベストですが、早さ以上に丁寧さを重視しているんです。
 
山本 「急いては事をし損じる」、ということわざもありますものね。あ、それが先ほど言われた“みらいホームのやり方”につながるんだ。
 
熊坂 はい。特に塗装工事の場合、仕上げ塗りの工程は当然として、下塗りを丁寧に行わないと、耐久性が落ちてしまったり、数年後に艶がなくなったりするんです。そのため、通常は3度塗り、時には4度塗りの工程で作業を進めます。そうやってお客様が目にすることはない下地処理や下地塗りの工程こそ、最も丁寧に行うよう指導しているんですよ。
 
山本 それだけ丁寧に教えていただけるなら、僕も入社したいな(笑)。今は募集されていないんですか。
 
熊坂 募集していますよ。弊社は経験よりも意欲を重視していますので、いつでもいらしてください(笑)。山本さんの身長だったら、1階部分は足場や脚立がいらないですね(笑)。
 
山本 あはは。背が高過ぎて、足場に頭をぶつけてしまうかもしれませんね。そういえば、住宅密集地などでは、隣家との間隔が狭くて足場が組みにくいところもあるのでは?
 
glay-s1top.jpg
熊坂 確かに組みにくいところもありますね。でも私は「足場の組立て等作業主任者」の資格も所持していまして。私が図面を書き、専門の足場業者に施工を依頼しているので、困難な現場でもたいていは組むことが可能なんです。
 
山本 おお! 熊坂社長は塗装のプロであり、足場のプロでもあるんですね。今後に向けて、今はどんな目標をお持ちですか?
 
熊坂 塗装の仕上がりについては同業者に負けない自信を持っていますので、神奈川県でナンバー1の塗装会社になれるよう、さらに努力していきたいと思います。そのうえで、関東全域を商圏に、元請工事の割合を増やしていきたいですね。また、塗装工事を柱としつつ、今業務の1つとして手がけているリフォームの分野にも、より力を入れていきたいと考えています。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様に「ありがとう」と言われることが楽しみにつながっています。そのためには良い仕事をするための環境づくりや、お客様にプロとして向き合えるだけの知識が必要ですね。
(熊坂治樹)
 
 :: 会社概要 :: 
  ■ 社名 みらいホーム株式会社
■ 本社 〒241-0011 神奈川県横浜市旭区川島町1991-14
■ 事業内容 外壁・屋根塗装/内装・コーキング・防水・床・足場・洗浄工事
■ ホームページ http://miraikensou.com
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事