B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 広島県出身。友人の紹介でインターネット事業を手がける会社に入社し、様々な商品をインターネット上で販売するノウハウを培った。約10年間働き、「自分の力を試したい」と地元広島県を離れ、地の利がある東京で起業。当初数ヶ月は利益が得られなかったものの、次第に軌道に乗り、現在では大手家電量販店や大手雑貨販売店との取り引きも多い。【ホームページ
 
 
 
総務省の発表によると、インターネット利用者の中でネットショッピングの利用者の割合は、全体の7割にも上る。しかし、購入した商品に瑕疵があるなど、トラブルも増えているのが実状だ。そんな中、株式会社LBJ(エルビージェイ)は高品質の商品を安価で販売。取引先には大手家電量販店や大手雑貨販売店などが名を連ねることから、その高い信頼性がうかがえる。今後は自社ブランドでのB to C販売も念頭に置き、事業拡大を目指している。
 
 
 

無限に広がるインターネットの世界に醍醐味

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 御社ではインターネットを通じた情報提供や通信販売サービス事業を手がけておられるそうですね。秋山社長がインターネットの世界に足を踏み入れられたのはいつ頃でしたか。
 
秋山 今から約15年前、2002年頃です。友人に誘われてインターネット事業を手がける会社に就職したのが最初でした。当時はインターネットのことなど何も知らなくて。「Yahoo!」=インターネットだと思っていたほどです(笑)。
 
石黒 今では笑い話ですけど、当時はみんなその程度の認識でしたよね。スマホは当然ないし、パソコンを家庭で持ってる人さえまれでしたもの。
 
秋山 そうですね。私もインターネットに強い関心があったわけではなかったものの、携わってみると非常におもしろく、こうして自ら事業を手がけるまでになりました。
 
石黒 具体的に、どのようなところに魅力を感じられたのでしょう。
 
秋山 当時、私は広島県の田舎町に住んでいまして、私の知る世界と言えば、実際の目に見える場所、物だけでした。しかし、インターネット事業は取り引き先もお客様も全国区。活動できる世界が無限大であることに大きなやりがいを感じたのです。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事