B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 大阪府出身。54歳で陸上自衛隊を定年退職。自衛隊で培った体力や多くの貴重な経験を生かすことができ、なおかつ自身の信念である“社会貢献”につながる仕事として本田塾(株)を立ち上げた。カウンセラーの資格を有する妻と二人三脚で、企業、個人問わずあらゆるカウンセリング、コーチングを行い、必要に応じてセミナーを開催。現在はU-10の少年サッカーのボランティアによるコーチングにも取り組んでいる。【ホームページ
 
 
 
大なり小なり人は何かしらの夢を持って生きている。そしてその夢を叶えるために考え、実行し、結果を残す。この繰り返しが確実に一歩ずつ夢に近づくと確信し、本田哲久氏が立ち上げたのが本田塾株式会社だ。陸上自衛隊で培った気力、体力、フットワーク、そして豊富な経験を生かしたコーチングを行っている。やりがいを感じ、達成感を味わうクライアントの喜びが自身の幸せだと言い切る本田社長の本音に迫った。
 
 
 

自衛隊での経験を生かした第2の人生

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 相原勇 (タレント)
相原 企業や個人向けにコーチングやカウンセリングを行う本田塾株式会社さん。ホームページを拝見したところ、本田社長は陸上自衛隊に所属されていたそうですね。
 
本田 定年の54歳まで陸上自衛隊に所属。在職中は阪神淡路大震災や東日本大震災など多くの災害派遣活動等に参加しました。また、陸上自衛隊中部方面総監部における勤務や、幹部候補生学校の教官も務めました。
 
相原 定年が一般企業に比べると若いですね。それだけ気力と体力が必要なお仕事なのでしょう。そこから第2の人生を考えられたわけですね。
 
本田 そうですね。自衛隊では退職のときに再就職サポートをします。ほとんどの人はすでに子どもが巣立っている状況です。しかし、私の場合、3人の子どもの内、一番下の子はまだ10歳でしたから、まだまだお金がかかる状態だったので家族とかなり相談しましたね。最終的には自分が何をしたいのか、根底にある社会貢献や奉仕の心をどうやったら自己実現できるのかを考え、自ら会社を起こそうと決意しました。
 
相原 本田社長には、何といっても自衛隊で培った体力と根性、フットワークの軽さに加え、様々な経験があるわけですからご家族からの信頼も厚かったことでしょう!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事