B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 静岡県出身。中学校を卒業後、東京の洋菓子店で4年間腕を磨いた。退職後は親戚の暮らす大阪に移り住み、知人の紹介もありレストランで働くことに。結婚し、子どもが生まれたタイミングで、静岡県伊東市にある保養所の管理人となった。管理人としての業務の中から掃除の魅力に気付き、大手ハウスクリーニング会社に転職。経験を積んだ後、おそうじ本舗 伊東店を開いた。【ホームページ
 
 
 
静岡県伊東市でハウスクリーニングやオフィスクリーニング、店舗の清掃を手がける「おそうじ本舗 伊東店」。代表の豊田耕司氏は、企業の保養所で管理人を務めるうち、掃除のおもしろさに目覚めハウスクリーニング業界に進んだという。「部屋を汚さないアドバイス」をするなど、顧客とのコミュニケーションや心遣いを忘れない豊田代表。地域密着を大切に、掃除に困った人の脳裏に浮かぶ存在であり続けたいと語ってくれた。
 
 
 

保養所で掃除がおもしろくなり業界へ転職

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 時東ぁみ(タレント)
時東 静岡県伊東市で住宅やオフィス、店舗のクリーニングを手がけていらっしゃる「おそうじ本舗 伊東店」さん。昨年2016年8月に起業したばかりだそうですね。豊田代表は、昔からこの業界で働いておられたのでしょうか。
 
豊田 いいえ。私が最初に働いたのは、東京にある洋菓子店でしたね。4年ほどで退職し、当時、親戚が住んでいた大阪へ移りまして。知人の紹介でレストランに就職しました。その後結婚し、子どもが生まれた頃に企業の保養所の管理人になるため、地元である伊東市に戻ってきたんです。しかし、30代半ばでその保養所が閉鎖してしまいましてね。仕事の一環で掃除をするうちに「これはおもしろいかも」と思うようになっていたこともあり、大手ハウスクリーニング会社に転職しました。
 
時東 掃除を「仕事にしたいほどおもしろい」と感じることは、なかなか珍しいことのように思えます。
 
豊田 そうかもしれませんね。私は普通の洗剤では落ちないような汚れを、どうすれば落とせるか考えながら掃除をするのが、楽しくなっていたんです。転職から数年後には、ハウスクリーニング会社を退社してビルメンテナンス会社に移り、ノウハウを積みました。その会社が事業から撤退することになった際、また転職して人に雇われるのも・・・と考えたことと、独立すれば子どもの将来の基盤になるかもという思いから、おそうじ本舗の研修を受け起業することにしました。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事