B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 名高達男(俳優)
名高 レザーリペア99 尾張旭工房さんは、バッグや財布、靴、車の内装など、主に本革製品のリペアをする工房だそうですね。どのような依頼が多いですか。
 
今川 ブランドバッグや財布の修理依頼が多いですね。長く使っていると、角が擦り切れてきますから、キレイに削って肉盛りという作業をします。例えば、このバッグは、擦れていた部分を修復しました。
 
名高 え、これが!?  どこを直したのかわからないほどの完成度ですよ! ツヤもあって、新品と言っても通用するんじゃないでしょうか。
 
今川 ありがとうございます。細かい凹凸や模様があるものも、これくらいの完成度で修復できるんですよ。
 
名高 「傷がなくなった!」なんて喜ばれると、職人冥利につきるでしょう。ちなみに修理費用と作業時間はどのくらいかかるのですか。
 
今川 1ヶ所程度の傷なら3500円。他の依頼がなければ、2、3時間で修復できますね。
 
名高 そんなに早くキレイになるとは。もっと認知度を上げないと、もったいないですよ。知っていたら、私もブランドバッグを捨てずに持参しました(笑)。私のような、遠方のお客さんもいらっしゃいますか?
 
glay-s1top.jpg
今川 他県にも同じ企業グループがあるので、受注エリアは決まっているものの、ご希望があれば宅配にてお受けしていますよ。
 
名高 それはありがたい。それにしても、リペアだからこそできることもありますよね。母から子に、その子どもに・・・と、受け継ぐこともできる。そうなると、心をつないでいくことにもなると思います。
 
今川 おっしゃる通り、愛着のあるものは新品に勝ると思います。この先、仕事が軌道に乗ったら、母子家庭など、経済的な事情で中古のランドセルしか買えないご家庭の力になりたいという思いもあるんです。格安でお受けし、キレイに修理したランドセルを使っていただきたくて。2016年に起業したばかりですので、試行錯誤を繰り返す厳しい毎日ですが、夢があるのでやりがいがあります。事業展開も含め、お客様のお役に立てるよう、経験を積みたいですね。
 
名高 お子さんが嬉しそうにランドセルを背負う姿が目に浮かびますよ。私と同様、今川代表の仕事も生涯現役でいられる、理想的な仕事だと思います。数年もすればさらに腕も上がり、引き出しも増える。そうした中で、どれだけ工夫をすることができるかが、勝負を決めると思います。期待しているので、頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
お客様からの「ありがとう」が、仕事の原動力ですね。
(今川憲久)
 

:: 店舗情報 ::

レザーリペア99 尾張旭工房

〒488-0032 愛知県尾張旭市晴丘町池上45-4

ホームページ
http://leather99-owariasahi.com/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事