B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川﨑麻世(タレント)
川﨑 森井代表は、子宮ヨガやカウンセリングを通じて女性特有の心や体の問題に向き合う「Holistic Remedy(ホリスティック レメディ)」と、フランスのオーガニックコスメの輸入販売を手がける「Alchemist(アルケミスト)」という2つの事業を展開されているそうですね。
 
森井 はい。この2つの事業に共通するのは「自分を大切にする・自分に関心を持つ」というコンセプトです。これらのビジネスを通して、自分を見つめることの大切さを多くの方に伝えていきたいと思っております。
 
川﨑 今の時代「自分を見つめる」ということは本当に大事です。人は忙しくなればなるほど自分が見えなくなります。現代において自分と対話ができていない人が多い。だから何か壁にぶつかったときに他人や運のせいにしてしまいます。でも、それでは何の解決にもなりません。自分の人生航路を決めるのは自分自身でしかないのですから。
 
森井 「Holistic Remedy」で行っているカウンセリングでも、不安を抱えている女性が多く来られるんですよ。そういう方には「自分にとって大切なものは何か」を深く見つめてもらうようにアドバイスしています。自分の人生航路を自分で決めない限り、満足できる人生にはなりませんからね。
 
glay-s1top.jpg
川﨑 この世の中に確実なものなどありません。ただ、死だけは誰にも平等に訪れます。ならば、そこに向かってどう生きるのかを設計していくことが大事であり、それは自分を見つめることでしか答えは出ないのでしょうね。
 
森井 そうですね。カウンセリングでは「今の生き方で後悔はない?」とよく質問します。命は有限だということを自覚しない限り、そして自分にとって何が最優先なのかを突き詰めて考えなければ、現状はなかなか変えられないのです。そしてそれは自分自身をまず見つめて、愛することから始まります。
 
川﨑 きっと、森井代表の活動によって救われる女性は多いと思いますよ。では、もう1つのビジネスの「Alchemist」についても教えてください。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事