B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

良質なWebサイトは
“企み”で制作する!

 

システムを組み合わせ“企む”のが大好き

 
glay-s1top.jpg
外木 Web制作の仕事というのは、全く新しいものを生み出そうとすると、なかなか難しい面もあります。それよりも、既存のシステムをうまく組み合わせることで、画期的なサービスを提供できる場合が多いんですよ。私はその組み合わせを考えるのが楽しいし、何かを“企む”のが大好きな性格なんでしょうね。
 
時東 企むという言葉はいいですね(笑)。でも、外木社長がおっしゃる通り実験する精神は大切です。物事はいろいろと試してみなければ、成功するか失敗するかわからない。何よりも実験するから発想が変わり、いい結果を生むことにつながるのだと思います。ところで、外木社長はドワンゴさんを退社されてすぐに独立なさったんですか?
 
外木 いえ、ドワンゴを11年ほど勤めて退社した後は、しばらくフリーランスで音楽制作をしていました。でも、やっぱり自分に向いているのはWeb関連の仕事だと思い、スタッフ20人ほどの小さなWeb制作会社に入社しまして。仕事を発注する側から受注する側に回ったことで、新しい価値観を学ぶことができました。この経験は私にとって、とても大きいものでしたね。
 
glay-s1top.jpg
時東 イズネイジさんを起業したきっかけは?
 
外木 もともと独立志向はなかったものの、現在のスタッフたちと知り合い自然な流れで起業することになりました。弊社は経験豊富で優秀なスタッフばかりという恵まれた環境なので、独立すること自体に怖さは全くなかったんですよ。
 
時東 外木社長は人との出会いを大切にすることで、新しい道を切り開いてこられたんですね。
 
外木 はい。たくさんの人とのつながりや、これまでの経験があるからこそ今の私がいるんです。とてもありがたいことだと感謝しています。
 
時東 さて、あらためてイズネイジさんの事業内容について詳しく教えてください。Webサイトの制作といっても様々なジャンルがあると思います。イズネイジさんが得意にしているのはどのような分野なのでしょう。

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事