B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 神奈川県横浜市出身。情報処理系の専門学校を卒業後、システムエンジニアとして企業に11年間勤務。その後、フリーランスを経て製造業のシステム設計・開発などを行う(株)アール・エフの創業者と再会し、取締役に就任して業務委託を受ける。各地の工場でコンサルティングなどに従事。中国にも約3年間滞在した。中国から帰国後、2013年に前社長から経営を引き継いで2代目社長に就任している。【ホームページ
 
 
 
経験がものを言う製造業の現場で、ベテラン従業員だけが持つノウハウをたくみにシステム化。客観的な目で磨きをかけることにより、在庫の圧縮、無駄な資材発注の削減、そして利益拡大につなげる。そんな業務改善の支援を、外からの押し付けでなく、働く人たちと同じ目線で追求し、提案しているのが株式会社アール・エフだ。宮本類代表取締役社長が信頼するスタッフらと共に実践する業務コンサルティングについて、詳しくうかがった。
 
 
 

ベテランのノウハウをシステム化する仕事

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 谷川真理(マラソンランナー)
谷川 御社では製造業の会社を対象に、システム設計や開発、コンサルティングなどをされているそうですね。具体的にはどんなことをなさるんでしょうか?
 
宮本 谷川さんがおっしゃったように、弊社のお客様はものづくり全般、例えば、自動車部品だったり電子機器の部品だったりを製造している会社です。そうしたお客様に対して弊社は、全国どこへでもスタッフを派遣しています。大手メーカーさんともお取り引きがありますが、どちらかというと、中小企業の工場におうかがいすることが多いですね。
 
谷川 そうした規模の工場って、気心の知れたスタッフさんがそれぞれの持ち場で汗を流しているイメージがあります。
 
宮本 はい。そうした現場では主に、仕事の進め方、材料の発注などについて、ベテラン作業員の方が長年の経験に基づいて判断しているケースが多いんです。そういう方々の頭の中にしかないノウハウをシステム化しつつ洗練させて、実際に活用していただく。結果として、現場作業や在庫管理の無駄を省き、業務全体の改善につなげていただくのが弊社の業務です。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事