B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

LINEから査定が可能 
不用品買取ならお任せを

 

遺品整理の手間を省いて買い取りまで行う

 
glay-s1top.jpg
畑山 遺品整理のサービスにも力を入れているそうですね。遺品となると、不用品買い取りより品数がグッと増えそうです。それでも見積もりは無料ですか?
 
小林 はい、先ほどの出張買い取りと同じく、お見積もり無料で、お時間が合えばご連絡いただいた当日におうかがいいたします。
 
畑山 素晴らしいですね。遺品整理に乗り出されたのには、どういったきっかけがあったのでしょう。
 
小林 不用品買い取りとして、遺品整理を依頼されるお客様が多かったことですね。もちろん問題なくお引き受けしていましたよ。ただ、「遺品の整理もやってくれますか?」と不安そうに相談される方がおいでで、「明確に看板を掲げていたほうが、お客様もご安心されるだろう」と考えたんです。だから新規事業というより、部署化したとの表現が的確かもしれません。
 
畑山 なるほど、お客さんのためを思ってのことだったんだ。不用品買い取りと業務内容は異なるのですか?
 
小林 買い取りを前提とした不用品とは違い、処分するしかない物も混在していますので、まずは仕分け作業から始まります。その中で、買い取り対象となる物を査定していく形ですね。
 
北添 ご遺族の方も気付かなかった貴金属や宝石類、現金が出てくるケースもあります。現金は当然返還し、貴重品類も買い取り希望がなければご返却いたします。
 
畑山 言われてみれば、遺品の中には遺族が知らない物が含まれている可能性もありますね。お客さんから信頼を得るために、工夫していることがあれば教えてください。
 
北添 その現場限りのアルバイトなどを雇用せず、信頼のある社員のみで作業するようにしています。
 
glay-s1top.jpg
畑山 膨大な作業量の現場でも、お客さんの安心を第一にされているんですね。しかも、買い取り業者が行う査定だから、遺品の査定額にも安心感がある。そこが、遺品整理の専門業者にはないバイキングさんの強みなのでしょう。
 
小林 もう1つ強みとして、解体工事やリフォームをお求めのお客様には、信頼できる専門業者をご紹介します。もちろん、仲介料は一切いただきません。
 
畑山 それは助かりますね! もしかすると、小林さんの前職での経験が活きているのかな。家具や日用品の処分から家そのものの整理まで、バイキングさんに依頼するだけで滞りなく済ませてしまえる。そう考えると、手間がかかる遺品整理も、楽に行えるように思えてきます。