B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川﨑麻世(タレント)
川﨑 東京都大田区のマツバさんは、「スゴ~くまじめな便利屋さん」がキャッチフレーズだそうですね。住居の片づけや引越しの手伝い、日曜大工、買い物代行など、驚くほどたくさんの依頼に対応してくださる便利屋さんだとうかがいました。工藤社長が、どのようにしてこの業界に入られたのか気になります。
 
工藤 私はガソリンスタンドや保険代理店、建築現場、飲食店、築地市場などで、ありとあらゆる仕事を経験してきました。今年2017年で弊社を設立して13年になります。以前は廃品回収が中心だったんですよ。便利屋業には、数年前から力を入れ始めました。
 
川﨑 様々な業界で経験を積まれた工藤社長だからこそ、多種多様な依頼に応えることができるんですね。やはり、一生懸命に仕事をした経験は無駄にならないということでしょう。
 
工藤 おっしゃる通りですね。これまでにやってきたことは、全て今の仕事に役立っています。
 
川﨑 ところで、ユニークなキャッチフレーズの由来を教えていただけますか。
 
glay-s1top.jpg
工藤 世の中に同業社はたくさんありますから、他社さんと金額の競争をしても仕方ありません。それよりもお客様にアピールすべきなのは、「まじめ」で「誠実」な業者かどうかということ。弊社のキャッチフレーズはこの理念を表現し、お客様に選ばれる会社であり続けるために付けたものなんです。
 
川﨑 確かに、マツバさんのキャッチフレーズを目にすると安心感がありますよ。お客様も「この会社なら、しっかりやってくれそうだ」と信用して選んでくださるのでは?
 
工藤 そう願っています。それにキャッチフレーズだけでなく、ホームページやチラシには私の写真も載せているんですよ。お客様の自宅にお邪魔するのが便利屋の仕事ですから、きちんと顔を出して不安を与えないようにするためです。
 
川﨑 お客様からの信頼を高め、サービスに満足していただくため、工藤社長は自分にできることを徹底してやっていらっしゃるようですね。