B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 大阪府泉南市で外構工事や塗装工事、エクステリア工事などを手がけるFree Hands(フリーハンズ)さん。大谷代表は、どのようなきっかけでこの業界に入られたのですか?
 
大谷 私のおじが、外構工事やエクステリア工事を手がける会社を経営していましてね。15歳の時に手に職を付けるため、その会社に入社したのがきっかけです。
 
矢部 10代の頃から職人の修業を始められたんですね。若くして社会に出た当時は、いかがでしたか。
 
大谷 もともとものづくりが好きでしたし、働いて対価をいただけるという体験はおもしろかったですね。それに、おじの会社は大手ハウスメーカーの下請けで、お客様に裕福な方が多かったので、その分クオリティーの高い工事をすることができて、達成感がありました。
 
矢部 とても良いご経験をされてきたんですね。そこから独立を?
 
glay-s1top.jpg
大谷 ええ。それまでにも独立を考えたことはあったものの、1人でやっていくとなると、事務を含めた全ての仕事をしなければならず、資金の面でも悩むことになります。そう思うとなかなか踏み出せなかったのですが、一昨年2015年の3月、ついに独り立ちをすることができました。現在は少しでも施工コストを下げるため、全ての工事を私1人で手がけています。
 
矢部 大谷代表は、現在34歳とのこと。すると20年近くもの間、修業を積まれてから独立をされたわけなんですね。だから、お庭づくりやカーポートの設置など、住宅の外のあらゆる工事もお1人でできちゃうんだ。それだけ高い技術を持っていらっしゃるということですよね。すごいなぁ。お仕事をする中で、大谷代表がこだわっていることってありますか?
 
大谷 家庭菜園やガーデニングを取り入れるなど、遊び心のあるお庭づくりをご提案することでしょうか。ただし、私の意見を押しつけるのではなく、あくまでもお客様の目線でご提案することを大切にしています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事