B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 畑山隆則(元ボクシング世界王者)
畑山 ハウスクリーニングを手がけるFive Star(ファイブスター)さん。山田社長はプロ野球の選手を目指していたそうですね。
 
山田 はい。小学生のときから野球を続け、いずれはプロ野球の世界に──という気持ちがありました。ただ、社会人で満足するまで野球ができたこともあり、引退したんです。野球からは、自分の個性を生かすことや、常にチャレンジを続けることの大切さを学びました。ハウスクリーニングと出合ったのは、21歳で野球を辞めた後ですね。縁があって知り合った事業家の方にアドバイスをいただいたこともあり、大手ハウスクリーニング会社に飛び込んで修業を始めました。
 
畑山 山田社長はまさに、アグレッシブを形にしたような方ですね! ハウスクリーニングの修業はいかがでしたか。
 
山田 お客様のご自宅にお邪魔して、作業が終わると「ありがとう」と感謝され対価までいただける。私にとってこれはとても新鮮なことで、まさに天職だと感じました。現在はお客様の満足を追求すること、自分たちの仕事はサービス業であることを肝に銘じながら事業に取り組んでいます。
 
畑山 「サービス業である」という意識について、具体的にお聞かせください。
 
glay-s1top.jpg
山田 ハウスクリーニングで大切なのは、清掃のクオリティだけでなくスタッフのマナーや言葉遣い、服装など、全てにおいてお客様に満足していただける究極のサービスを提供することです。それができて、初めて満足を超えた感動をお客様に与えることができるんですよ。
 
畑山 家の中をキレイにすればそれでいい、というわけではないんですね。
 
山田 おっしゃる通りです。お客様の中には「キレイになっているけれど、もう少しだけやってほしい」と思っているのに、言いづらくて口ごもってしまう方もいらっしゃいます。また、換気扇などを分解清掃して、すぐ元通りにしてしまうと、本当にキレイになったのかお客様にはわかりにくいんですよ。そこで弊社は、清掃したものをその場に並べ「このように清掃しました」とご説明するようにしています。そうすれば、お客様の不安を和らげることができますよね。
 
畑山 なるほど。確かにそれは「満足を超えた感動」を生み出してくれるでしょう。これからも山田社長には、「ありがとう」の言葉を励みに走り続けていただきたいですね。頑張ってください!
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
ONとOFFのメリハリをしっかりつけることが、仕事を楽しむコツだと思います。
(山田賢一)
 

:: 企業情報 ::

株式会社FiveStar

〒577-0831 大阪府東大阪俊徳町4-10-21 クオリティ俊徳101号室

ホームページ
http://five-star.mods.jp

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事