B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川村ゆきえ(タレント)
川村 群馬県伊勢崎市の、個別指導学院ヒーローズ伊勢崎校さん。渡邉塾長は、子どもの頃から勉強が好きだったのでしょうか。
 
渡邉 そうですね。外でサッカーをするよりも、本を読んだり勉強をしたりするほうが好きでした。教科書を読んでも眠くならない性格なんですよ(笑)。
 
川村 私はすぐに眠くなるタイプでした(笑)。塾を開いたのは、やはり教育に携わりたかったからですか?
 
渡邉 はい。子どもの頃から友達の勉強を手伝っているうちに、「どうすれば、人にわかりやすく勉強を教えることができるか」と考えるようになりました。その後、アルバイトをきっかけにしてサービス業に従事。ここでは、人と接することの喜びや難しさを知ることができました。ただ、真面目すぎたためか、20代後半に体調を崩してしまいまして。それからは働く時間を自分でコントロールするために、10年以上かけてコツコツと資金を貯め、当塾を開業したんです。
 
川村 いよいよ念願が叶ったわけですね! 塾を始めるにあたって、フランチャイズを選んだ理由を教えてください。
 
glay-s1top.jpg
渡邉 フランチャイズなら、料金設定や看板のデザインなど細かいことに気を遣わず、子どもたちへの指導に集中できるからです。ヒーローズは個別指導なのに授業料が安く、「生徒さん一人ひとりのやる気を育てる」というポリシーにもひかれました。
 
川村 私には4つ上の姉がいまして。中学に入学したとき、姉と同じ先生が担任になりました。そのとき姉と私を比べられて、とても嫌な気持ちになってしまったんですよ。学校でも塾でも勉強をするうえで、いい先生に巡り会うことは大切ですよね。
 
渡邉 おっしゃる通りですね。私は兄弟同士でもあえて比べることはしません。あくまでも本人がどうなりたいか、そのために成長できているかどうかを見るようにしています。そして毎回保護者さん宛に、お子さんがどこを勉強したか、苦手なりにどれだけ頑張ってくれたかなどをメールでご報告するんです。