B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 新潟県出身。福島大学経済学部卒業後、(株)日本科学技術研修所に入社した。4年間勤め、アクシスソフトウェア(株)に移ったが、40歳で大病を患う。闘病を経て職場復帰し、その後、代表取締役を務める。2008年にファイブテクノロジー(株)を設立、企業向けオンラインストレージをメインにITサービスを展開中。女性エンジニアの在宅勤務による質の高いサポートが厚く支持されている。【ホームページ
 
 
 
オンラインストレージやマイナンバー管理ツールなど、企業向けITサービスを提供しているファイブテクノロジー株式会社。セキュリティの高さや価格の安さも好評だが、何より厚い支持を得ているのはトラブル時のサポートである。細やかで、速い対応力を可能にしているのが、女性エンジニア雇用と在宅勤務という仕組みだ。「家族最優先」というコンセプトを掲げる登坂忍代表取締役に、その仕組みについて詳しく聞いた。
 
 
 

グローバル企業向けのファイル交換サービス

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 矢部美穂(タレント)
矢部 登坂社長が運営するファイブテクノロジーさんは、企業向けのオンラインストレージサービスを中心としたIT事業を展開されているそうですね。
 
登坂 はい。オンラインストレージの「ファイル交換安心君」、マイナンバー管理ツールの「マイナンバー安心君」、クラウドサービスの「年末調整らくらく君」という、3つのサービスを提供しています。主力サービスのファイル交換安心君は、日本語、英語、中国語、ロシア語、ポルトガル語の5ヶ国語に対応しているんですよ。また、マイナンバー安心君は、情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格ISOを取得しています。
 
矢部 ファイル交換安心君は、海を越えてデータをやり取りする際に便利ですし、マイナンバー安心君は、国際基準を満たした信頼度の高いシステムなんですね。どのサービスも、海外に拠点を置く企業さんのニーズにしっかり応えるものだと思います。
 
登坂 グローバルに事業展開されている企業様には、特にご好評いただいていますね。おかげさまでファイル交換安心君は、OEMを含めて10万人以上の方々にご利用いただいています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事