B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川上麻衣子(女優)
川上 「楽しい」がテーマのハンドメイドブランド「BlueBee」(ブルービー)を運営し、ゴルフバッグやポロシャツ、アクセサリーなどの商品開発、卸売も手がけておられるマンレイジャパンさん。ホームページで商品を拝見しましたよ。可愛いワッペンがついているポロシャツやゴルフバッグ、華やかなバッグチャームやヘアゴム、リングなどのアクセサリーが並んでいましたね。どの商品も、個性的なデザインです!
 
樋口 ありがとうございます。弊社は「お客様のライフスタイルに個性を提案したい」というコンセプトから、一点物にこだわっていましてね。そもそも、ファッションは皆それぞれ、違ったデザインのものを身につけていた方が楽しいと思うんですよ。
 
川上 私もそう思います。樋口社長は、以前からデザインに関わる仕事をされていたんでしょうか?
 
樋口 はい。長年、施工会社を運営し、商業施設の設計を通じて、様々な店舗デザインに携わってきました。その後、知り合いに勧められ、2008年からは軽井沢のホテルでセレクトショップも運営していたんです。転機は、母が倒れ、介護のために神戸の実家に戻らなければならなくなったこと。母の介護をしながら仕事をするとなると、店舗経営は不可能でした。何をしようかと、3ヶ月ほど悩み抜きましたね。
 
川上 そうやって考え抜かれた結果、卸売業に行き着かれたと?
 
glay-s1top.jpg
樋口 そうです。卸売業なら、介護のために時間の融通がききますからね。起業後、まずはゴルフショップの商品づくりから始めました。「もっと商品をおもしろくしたい」という思いを胸に、今までにないゴルフグッズを売り出すことに力を入れ、事業を軌道に乗せられたんです。
 
川上 お母様の介護という大変な状況でも、仕事への前向きな気持ちを手放さず、事業の発展に成功されたわけですね。そんな樋口社長の存在は、家族への介護で悩まれている方々にとって、大きな励みになると思います。
 
樋口 川上さんにそうおっしゃっていただけると、嬉しいです。介護と仕事の両立で悩まれている方には、「仕事への思いを持ち続ければ、良い流れを引き寄せるタイミングが必ず訪れる」とお伝えしたいですね。それに、私はもともとゴルフが好きだったんです。時間に制限が出てしまう状況でも、工夫をすれば自分の好きなものに関わる仕事ができるはず。可能性を捨てることなく、希望を持ってほしいと思います。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事