B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 滋賀県出身。同志社大学で工学を学んだ後、家庭教師のアルバイトを通して芽生えた教育への思いから、全国規模の大手進学塾に就職。10年以上にわたり、教育現場の最前線に立ち続け、指導や情報分析のノウハウを学ぶ。多くの生徒を有名高校・大学に送り込んだ後、地元・滋賀県の教育に尽くすために帰郷し独立、小学生から高校生まで幅広い層を対象とした学習塾「まなびスクール」を立ち上げた。現在は小規模塾の利点を生かした、個別指導・集団指導を手がけ、生徒一人ひとりに適した学習スタイルを提唱している。【ホームページ
 
 
 
学生時代より教育業界に携わり、過去には大手学習塾で10年近く受験生たちの指導にあたってきた経験を持つ、「まなびスクール」の田中代表。同塾では、その経験を生かすと共に「巧遅は拙速に如かず」の信念に基づいて、小規模塾の利点を踏まえた独自の学習スタイルを確立している。そうした他塾にはない“強み”を持っていることから、生徒には大手学習塾との併用も促しているという。大手塾にはない、その“強み”とは何なのか、自身も子育てを経験してきたタレントの川﨑麻世さんが迫った。
 
 
 

大手学習塾でノウハウを蓄積

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 川﨑麻世(タレント)
川﨑 学習塾として、個別・集団指導を手がけていらっしゃる「まなびスクール」さん。僕は子どもを2人育ててきたので、とても興味があります。まず、田中代表はどういったきっかけで塾業界へ?
 
田中 大学生の頃にアルバイトで家庭教師をしていたことが、この道に入ったきっかけです。その時に“教える”ということに興味を持って、その後は大手の学習塾に就職しました。勤めていた塾は研修に力を入れていたため、授業風景を撮影したり、授業のロールプレイングをしたりということもしており、自分の授業を第三者的目線で見られることが魅力でしたね。
 
川﨑 なるほど。講師として成長できる環境が整っていたと。
 
田中 ええ、時には生徒から「先生、授業上手くなったね」なんて言われることも(笑)。それも学校ではなく、学習塾だからこその関係性ですよね。また以前の職場では、指導能力や情報分析能力も身に付くなど、1つの教室の運営を通して経営や人材配置について学び、スキルアップすることができました。マクロな視点を持って上手く指導できるということは、今の私にとって1つの強みになっています。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事