B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
glay-s1top.jpg
インタビュアー 杉田かおる(女優)
杉田 広告・パンフレット・POP・ホームページなどの企画制作をされているH .B .S企画さん。マーケティング全般に広く携わっていらっしゃる、と考えてよろしいのでしょうか。
 
川澤 そうですね。業種としては基本的に飲食業界。おいしいものを提供する飲食店と、おいしいものを食べたいお客様を確実につなげることがミッションの広告会社です。
 
杉田 私は2015年に、米焼酎「呑杉田」をプロデュースし、ネットだけの販売で4000本が完売しました。最初は不安でしたが、ツイッターを始めたら口コミで広がってくれたようですよ。
 
川澤 ツイッターやフェイスブックなどのSNSは、飲食店の集客でもすでに大きな武器ですね。実は大手グルメポータルサイトに広告を出しても、有名店はお客様に見てもらえますが、そうでなければ、お店のページにたどり着いてもらえることすらまれなんです。そんな中小のお店でもネットで認知してもらうには、どうすればいいか。逆転の発想をするしかありません。
 
杉田 逆転と言うと、具体的にはどのような発想ですか?
 
川澤 ポータルサイトに出稿するのではなく、ブログ、SNS、ホームページなど、とにかくネット上のあらゆる場所に情報を露出するんです。お客様はお店の情報を何度も目にしているうちに、必ず親近感を抱いて立ち寄ってくださるようになります。
 
glay-s1top.jpg
杉田 でも、お店の方は料理をつくったり接客したりするのに忙しく、ネットに書き込んでいる暇がないのが現実では?
 
川澤 おっしゃる通りですね。ですから当社の場合、毎月1度はミーティングをしてお店のアピールポイントを教えていただき、戦略を練ったうえで様々な媒体に掲載していきます。「今の季節は、熱々のおでんと焼酎がおすすめ」といったお店がプッシュしたい点をお聞きし、さらに、おでんに合う焼酎の銘柄や飲み方などもお店に取材をしたうえで、私どもが文章にして書き込んでいくイメージです。
 
杉田 そうすれば、お店の経営者は集客に労力を取られることなく、ご自身のフィールドである料理や接客に専念できますね!
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事