B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
150819_k2333_g01.jpg
インタビュアー 石黒彩 (タレント)
石黒 アーツ建築の石山代表は、一般住宅はもちろん、病院やショールームなど、幅広い分野で設計を手がけていらっしゃるそうですね。いつ頃、独立なさったのですか?
 
石山 2003年です。私はもともと大学で建築を学び、卒業後は建設会社の設計部門に入りました。その後設計事務所に転籍し、いずれは独立できれば思っていました。そんな折、所長が急逝。会社が解散されることになったのを機に、友人と2人で独立した次第です。
 
石黒 思いがけず独立の機が訪れたのですね。それだけに、準備期間も少なく、最初は大変だったのでは?
 
石山 おっしゃる通り。最初は、今までお付き合いのあった方々から下請けの仕事をいただきました。その頃は、建物の用途や規模の大小に限らずなんでも引き受けていましたね(笑)。そのうち、「こんな依頼があるんだけど、設計を担当してもらえないか」と、まとまった案件で少しずつ声をかけていただけるようになったんです。あの頃に幅広いジャンルを経験して勉強したことで、今はどんな設計にも対応できています。
 
石黒 石山代表の誠実な仕事ぶりが評価を得ていったのだと思いますよ。ところで、私には育ちざかりの子どもが3人います。それぞれに個室を与えたいけど、将来、子どもたちが独立した時のことを考えると、どんな家をつくったらいいのか悩んでいて・・・。
 
150819_k2333_d01.jpg
石山 例えばですが・・・減築、つまり、大きくするのではなく小さくするということもできることをご存じですか? 20年後、家族が少なくなることに備えて検討しておくことも必要です。また、家族が多くなることもあるので、最初はできるだけ広い空間を確保し、必要に応じて部屋を区切って使用するなど、フレキシブルに考えることも大事ですよ。
 
石黒 なるほど。家は建てたら終わりではない。家族環境の変化に合わせてつくり替えていくこともできるのですね! 
 
石山 お客様にはこのようにどんどんご要望を出していただきたいですし、そのために、私どもはお客様と忌憚のない意見交換ができる関係を築くことをとても大切にしているんです。家は人生で大きな買い物の1つですからね。幸い、私は手がけるジャンルが広い分、様々なご要望にも対応することができます。ただ、設計は設計事務所だけでできても、いざ建てるとなると大工さんや様々な業種の職人さんたちの協力が不可欠。今後は、より良い家づくりのため、ネットワークや組織づくりにもっと力を入れていきたいですね。
 
 
 
「仕事を楽しむ」とは‥
何でも時間をかければいいというものではありません。時間と成果のバランスとりながら仕事を進める。そうすれば、楽しむ余裕も出てくるのではないでしょうか。
(石山潤)
 

:: 事業所情報 ::

アーツ建築

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-335-1-801

ホームページ
http://ar2-design.com/

 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事