B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

経営者インタビューEXECUTIVE INTERVIEW

 
プロフィール 東京都出身。早稲田大学大学院卒業後、住宅業界のベンチャー企業に入社。同社の発展と上場に大きく貢献した。その後、IT業界に転身。現場SEから取締役までの経験をもとに、2012年、小学校・中学校時代の同級生であった渡辺修氏とタッグを組み、(株)クアトロフィナンシャルシステムを設立。同社代表取締役に就任した。【ホームページ
 
 
 
情報セキュリティ、個人情報漏洩などが問題視される中、IT業界では派遣型システムサービスの需要が高まっている。こうした業態では売り上げ=人材の質であることから人材の獲得競争が熾烈だが、株式会社クアトロフィナンシャルシステムでは労働環境を整え、様々な工夫で従業員のやりがいやモチベーションを引き出し、仕事の質の向上を図っている。これが顧客満足度につながっていることは言うまでもない。
 
 
 

経営のプロと現場のプロがタッグを組む

 
141203_k2013_g01.jpg
インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)
三浦 本日はクアトロフィナンシャルシステムの中山敦宏社長と渡辺修取締役にお話をうかがいます。まずは事業立ち上げの経緯からお聞かせください。
 
渡辺 当社は、私が実弟と立ち上げた企業が前身となっています。同社は設立以降、順調に売り上げも伸びていましたが、事業内容が多岐にわたり、社員数も増えたため一元管理が難しくなってしまいました。そこで分社を決め、新たに設立したのが当社です。
 
三浦 中山社長はどういった経緯で経営に参画されることに?
 
渡辺 彼とは幼なじみでしてね。当社設立にあたり、経営のプロが不可欠だと感じ、声をかけました。私はどちらかというと現場一辺倒のものですから。
 
三浦 なるほど。すると中山社長は経営の経験がおありなのですね。
 
中山 はい。最初に入ったのは住宅業界のベンチャーで、社員数10名ぐらいの規模でしたが、6年ほどでジャスダックに上場する企業となりました。もっとも、これは私ではなく社長が優秀だったおかげですが(笑)、私も取締役として多くのことを経験させていただきました。その後、IT業界に転職し、キャリアアップを重ねて今に至ります。
 
 
 
 

アーカイブ一覧

分野で選ぶ

バックナンバー

最新記事

話題の記事