B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

トピックスTOPICS

カテゴリ:エンタメ

  • 殺伐としたビジネスシーンに革命を 殺伐としたビジネスシーンに革命を~かわいいフィンランド語とお仕事事情~  駐日フィンランド大使館・参事官のミッコ・コイヴマー氏の著書『フィンランド流イクメンMIKKOの世界一しあわ

  • 宇宙、いかが? 宇宙、いかが?~エレベーターで どこまで行こう~   明日3月26日、種子島宇宙センターからH-IIAロケットが打ち上げられます。2001年の1号機から数えて今回は28回目。米国の

  • 今こそふんどしを締め直せ! 今こそふんどしを締め直せ!  ~2月14日はふんどしの日~      日本ふんどし協会のホームページがこちら  年が明けたと思ったら、もう1月も終わり。2月といえば、アレですね。男

  • いつも心に故郷を いつも心に故郷を ~県民手帳SHOW2015~      渋谷ロフトの県民手帳コーナー(11月中旬)  2014年も残すところ1ヶ月弱。すでに年末年始のスケジュール調整で手帳とにら

  • 忘れられないあの名前   忘れられないあの名前 ~有名企業にネーミングセンスをあやかる~      命名というのは責任重大だとつくづく感じる。たとえば、最近は子供の名前も実に個性的というか、キ

  • ユニーク涼品で夏を乗り切れ!   ユニーク涼品で夏を乗り切れ! ~外回りの仕事を快適に、楽しく過ごしちゃおう!~    さぁ、夏も本番が近付いてまいりました! 海水浴に行くもよし、マイナスイオンをたっぷり浴びら

  • 今年の梅雨はどんな傘? 今年の梅雨はどんな傘? ~ビニール傘復権計画~     シトシトシト・・・。心なしか最近雨が多いような。そろそろ梅雨が気になる季節ですね。   日本は高温多湿、多雨の国。

  • 鬼ごっこする人この指とまれ 鬼ごっこする人この指とまれ ~空前の鬼ごっこブーム到来!?~      今、鬼ごっこブームがきているらしい。なんと微笑ましいニュースだろう。そういや、小さい頃はよく鬼ごっこをしたよ

  • あの日見た鍋の名前を、ぼくたちはまだ知らない あの日見た鍋の名前を、ぼくたちはまだ知らない ~ニッポン中の鍋料理を、一度に堪能する方法~       「鍋」とは日本文化の多様性を体現した料理である。冬の定番料理として、真っ先に

  • 目指せ出社ニスト! 目指せ出社ニスト! ~エクストリーム出社のススメ~      日本エクストリーム出社協会のオフィシャルサイトはこちら!  朝晩めっきり冷え込んで 「布団から出るのがツラい」 と思っ

  • 今日は●●記念日 今日は●●記念日 ~記念日のつくり方、教えます~      2013年の9月は曜日のめぐり合わせで “シルバーウィーク” はなかったものの、祝日が多くて嬉し

  • 映画は喧嘩じゃ! vol.24(最終回) “意志を貫け”   映画は喧嘩や。ビジネスもそうやないんかい ―― 映画監督・井筒和幸が私的映画論にからめて、毎回一つのキーワードを投げかける。連載最終回は、デ・ニーロの怪演が鬼気迫る 『タクシードライバー

  • 映画は喧嘩じゃ! vol.23 “生きろ”   映画は喧嘩や。ビジネスもそうやないんかい ―― 映画監督・井筒和幸が私的映画論にからめて、毎回一つのキーワードを投げかける。連載もいよいよクライマックス、第23回は不朽の名作 『ゴッドフ

  • このタマ、あのタマ、どんな多摩? このタマ、あのタマ、どんな多摩? ~ご当地検定、受けてみました!~       ご当地グルメ、ご当地ヒーロー・・・。世にはご当地ものってたくさんありますが、“ご当地検定

  • 映画は喧嘩じゃ! vol.22 "自分に気付く"    映画は喧嘩や。ビジネスもそうやないんかい ―― 映画監督・井筒和幸が私的映画論にからめて、毎回一つのキーワードを投げかける。第22回はディテクティブ・サスペンスの名作 『夜の大捜査線』

  • 映画は喧嘩じゃ! vol.21 “欲と二人連れ”   映画は喧嘩や。ビジネスもそうやないんかい ―― 映画監督・井筒和幸が私的映画論にからめて、毎回一つのキーワードを投げかける。第21回はフランスの古典『悪魔のような女』(1955年・フラン

  • 映画は喧嘩じゃ! vol.20 "全うする"   映画は喧嘩や。ビジネスもそうやないんかい ―― 映画監督・井筒和幸が私的映画論にからめて、毎回一つのキーワードを投げかける。第20回はアメリカン女子プロレスの世界を描いた 『カリフォルニ

  • 映画は喧嘩じゃ! vol.19 “立ち止まらない”   映画は喧嘩や。ビジネスもそうやないんかい ―― 映画監督・井筒和幸が私的映画論にからめて、毎回一つのキーワードを投げかける。第19回はアメリカン・ニューシネマの傑作 『真夜中のカーボーイ

  • 嗚呼、郷愁のナポリタン 嗚呼、郷愁のナポリタン ~人気復活の裏に日本ナポリタン学会あり~   女子の好きなメニューの上位に君臨するパスタ。オシャレ系カフェやイタリアンレストランに限らず、市販のソースもバリ

  • 映画は喧嘩じゃ! vol.18 切り抜ける   映画は喧嘩や。ビジネスもそうやないんかい ―― 映画監督・井筒和幸が私的映画論にからめて、毎回一つのキーワードを投げかける。第18回はキューブリックの隠れた傑作 『バリー リンドン』(1

最新トピックス記事

カテゴリ

バックナンバー

コラムニスト一覧

最新記事

話題の記事