B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

トピックスTOPICS

ビジネス 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート vol.16 「内観」によって生じた変化 繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート 経営コンサルタント/サトーカメラ代表取締役専務

ビジネス
こんにちは。佐藤勝人です。この連載は私が各月に海外も含めていろんな場所で感じたり思ったりしたことについて話すコーナーだけど、今回はちょっと不思議だった。何が不思議って、これまで自分ができているつもりでできていなかったことを試すように、関連する出来事が4連チャンで続いたからね。何が4連チャンだったか、順を追って話してみよう。
 
 

3年間言えなかったことが言えた日

 
glay-s1top.jpg
みやざき勝人塾で「内観」について熱く語る
今月の2日と3日、私は宮崎県の西都市にいた。初めて西都市の名前を知ったのは野球がらみで、野村克也監督時代のヤクルトスワローズのキャンプ地としてだ。その後、縁があって「みやざき勝人塾」で呼んでもらえるようになり、今は年3~4回のペースで来ていて、前回来たのが去年の10月。今回は約3ヶ月ぶりだった。
 
みやざき勝人塾には酒販店店主の吉村さんという人がいる。吉村さんは3年前に脳梗塞で倒れてから左半身が不自由になっていて、身体障がい者だ。酒屋の現場は力仕事が多くて彼の体の状態だと満足には務まらない。だから私も、前回10月の指導までは、現場のことが多少おろそかでも成り立つ商売の仕方を探していた。吉村さんはワインに強くてソムリエの資格もあるから、それで売り出してネット販売をメインにすれば、体のハンデもないことにできるだろうか・・・みたいなことを考えていたわけだ。3年間、ずうっと。
 
でも、今月の勝人塾の翌日、3日に彼の店に行ったときに、私は言った。
 
「店が汚れてるよ。健常者のように掃除ができないのはわかるけど、このままじゃダメだよ」言ってから自分でハッとした。「やっと言えた!」と思った。それからこう続けた。
 
「店をちゃんとできるように人を雇おう。そうだ、障がい者の方に働いてもらおう。それで“障がい者の店主と障がい者の店員がバリバリ働く酒屋”として地域に売り出そう。いいじゃん、本当のことなんだから」
 
そうしたら、彼が嬉しそうにしたんだよね。彼本人はわからなかったかもしれないが、顔がパッと明るくなったんだ。それで私も安心した。3年もかかっちゃって申し訳なかったけど、ゴマカシじゃない、本質的な解決策を、やっと彼に示すことができた。自分の弱みを隠すんじゃなくそのまま受け入れて強みに変える商売のやり方に、彼を導くことができた。ほんと、ホッとした。
 
 

どんな相手とも対等に、普通に向き合えるようになった

 
と同時に、「誰に対しても根本原因に突っ込んで解決する」ということが、できているつもりでまだできていなかったんだなあ、やっとできるようになったんだなあ、と思った。根本原因に突っ込んでいくためには自分が相手のことを対等に見ていないといけない。「障がい者だから」とか「女性社長だから」かわいそうと思う気持ちが少しでもあると、相手を下に見てしまう。だから、思っていることを吉村さんにはっきり言えた瞬間は私自身も嬉しかった。相手に同情するんじゃなく、ハンデを違いと受け止めて普通に向き合えたというのは、自分がその壁を突破し成長したということだからね。
 
これが4連チャン続いた出来事の4つ目。成長を明確に自覚した出来事だ。1つ目はその半月前、1月16日の「にいがた勝人塾」で鬱病を患ったことのある社長に「病気に逃げるな!」とはっきり言えたのがそう。このときも言った瞬間に自分の中で変化を感じたが、まだよくわかっていなかった。
 
次がその1週間後、1月23日の「とうきょう勝人塾」だ。参加者のなかに免疫系の病気で一時は日常生活もままならなかった社長がいて、その方にも「病気を表に出したほうがいいですよ」とはっきり言った。このときは「9割の人は同情するから大丈夫。かえって商売になる」と、冗談めかしてアドバイスすることもできた。
 
3つ目はその翌々日の25日、地元の宇都宮の障がい者施設で、社会福祉法人の理事長に挨拶したときだった。その理事長の息子さんも障がい者だった。以前からサトーカメラのお客様で、私は息子さんとは馴染みだけど親父さんは初対面。だから挨拶したわけだが、「障害がある息子と良くしてくれて・・・」と言われたとき、すぐに「いやあ、普通ですよ」と答えた。答えながらどこにも不自然な感じがなかった。本心から言えた。
 
そして仕上げが、その8日後の「みやざき勝人塾」と吉村さんの店での出来事だ。たった1つの内的変化をめぐって、私を試すような場面が、3週間ちょっとの間に連続して起きた。まるで変化の完成をうながすように。不思議だよなあ。
 
こういうことに出合うたび思うんだけど、みんな必ず、日々少しずつ成長しているんだよ。違うのはそれに自分が自分で気付いて定着させられるかどうかなんだ。
 
やっぱり自分のことを見つめ直して勉強する時間を持つことも必要だね。この歳になると叱ってくれる人もいないから勉強といえば本を読んで勉強するしかないんだけど、それで「内観」という言葉を知ったんだ。内観というのは自分の心の動きや変化をつぶさに感じとろうとしたり、物事のとらえ方の癖を洗い出したりしてみることなんだが、これは「自我✕打算✕調和」をはじめとして私が以前から言ってきた「振り返り」や「自問自答」することにも通じる気がするから、しばらく意識してみようと思っています。
 
 

「好きなこと」より「好きなように」

 
今回は最後にもう一つ。内観つながりで編集部から質問が出たからその話もしよう。「若い人で自分が本当は何をやりたいのかがわからないという人がいますが、佐藤さんの答えは?」ということなんだが――。
 
そんなの、若いうちからわかるわけないっての(笑)。今や人の寿命は100年。80歳まで働く時代だ。だから変に焦らず、本当に自分がその仕事が好きかどうかなんてことはいいから、自分がやれそうなこと、得意だと思うことをやればいいよ。
 
だって、これは3月初旬に同文館出版から出る本にも書いたたとえだけど、自分が中学生だった頃を思い出してごらんよ。同級生で女子が100人いたとして、自分が好きな子は1人か、せいぜい2人。ちょっといいな、ぐらいの子が3人で、あとの95人は好きでも嫌いでもない子だっただろ?
 
私のような商業者はこの95人にいかに売っていくかが勝負だ。だって、マーケットはそっちにあるんだから。仕事もある意味それと同じ。何が将来モノになるかなんてわからないんだから、「好き」に当てはまる1つか2つのことに人生を賭けるという発想はとらなくていい。
 
ただし、年代ごとで課題はある。20代は「何の技術で人より優れるか」だ。やれそうなこと、自分が得意そうなことを人よりも上手になっておけ。そして30代になったら「どうしたらもっと上手くできるか」を追求しろ。あるいは、自分はどの部分が、どうして人より上手なのかを説明できるようになれ。そうやって技術と知識が身に着いたら40代で人脈を広げろ。で、50代と60代が人間の賢さのピークだから、そこでやりたいことをやりたいようにやればいい。そして70代になれば後進に譲っていくことを考えて、80代で仕上げだ。
 
若い時から好きなことだけやって成功できる人は余りいない。自己満足で終わってしまう人がほとんどだからだ。仕事は「好きなこと」をやるより「好きなように」やれるほうがおもしろい。そうなれるように頑張ってほしいですね。
 
-2月28日~3月27日までの勝人塾-
経営者の悩みを即解決! 少人数制・公開コンサルティング形式の経営者のための勉強会「勝人塾」。2018年2~3月は下記日程で行います。当日参加、大歓迎!
 
2月28日とやま勝人塾IN黒部
3月2日とちぎ勝人塾IN宇都宮
3月7日ぎふPIO勝人塾IN郡上大和
3月9日おおさか勝人塾IN大阪
3月13日にいがた勝人塾IN巻
3月16日わかやま勝人塾IN紀伊田辺
3月23日とうほく勝人塾IN八戸
3月27日とうきょう勝人塾IN渋谷
 
詳細はこちら
 
※2018年3月27日(水)、とうきょう勝人塾を開催します!
 
日時:2018年3月27(水)  14時~17時
参加費:10800円(税込)自由参加で懇親会あり(予算4~5千円ぐらい)
会場:ハロー貸会議室渋谷Ⅲ
住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町3-24カコー桜丘ビル 3F
 
とうきょう勝人塾のお申し込み、お問い合わせは下記から
 
お申し込みフォーム
http://khjk.jp/2018/02/22/event321-2-2/
 
お問い合わせ
TEL:0422-72-8033(B-plus企画部)
e-mail:t-katsuhitojuku@business-plus.net
 
繁盛請負人・佐藤勝人の時事国々リポート
vol.16 1年の変化を棚おろしして考えた

 著者プロフィール  

佐藤 勝人 Katsuhito Sato

サトーカメラ株式会社・代表取締役専務/佐藤商貿(上海)有限公司・総経理/日本販売促進研究所・経営コンサルタント/作新学院大学・客員教授

 経 歴  

1964年栃木県宇都宮市生まれ。1988年、兄弟とともに家業のカメラ店をカメラ専門チェーン店に業態転換させ、商圏をあえて栃木県内に絞ることにより、大手に負けない経営の差別化を図った。以来、「想い出をキレイに一生残すために」というコンセプトを追求し続けて県内に18店舗を展開。同時におちこぼれ社員たちを再生させる手腕にも評価が高まり、全国から経営者や幹部リーダーたちが同社を視察に訪れている。2015年からはキャノン中国とコンサルティング契約を結び、現場の人材育成の指導にあたる。主な著書に『売れない時代はチラシで売れ』『エキサイティングに売れ』(以上同文館出版)『日本でいちばん楽しそうな社員たち』(アスコム)『一点集中で中小店は必ず勝てる』(商業界)など。最新刊『断トツに勝つ人の地域一番化戦略』(商業界)が好評発売中。

 オフィシャルサイト 

http://satokatsuhito.com/

 オフィシャルフェイスブック 

https://www.facebook.com/katsuhito.sato.3?fref=ts

 サトーカメラオフィシャルサイト 

http://satocame.com/

 
 
(2018.2.21)
 

関連記事

最新トピックス記事

カテゴリ

バックナンバー

コラムニスト一覧

最新記事

話題の記事