B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

トピックスTOPICS

ビジネス 佐藤勝人の「儲けてみっぺ」 vol.10 楽しい体験を提供する 佐藤勝人の「儲けてみっぺ」 経営コンサルタント/サトーカメラ代表取締役専務

ビジネス
 
201602100cl_47ex01.jpg
社内勉強会は現場×本部×経営者の本音バトル
今年の「サトカメエキサイティング」より
皆さんこんにちは。佐藤勝人です。いやー、寒いですね。2月初めが1年で一番寒いですもんね。でも、実はこの回が出る2月10日は、私は南国・宮崎にいます。商売繁盛を願う全国各地の経営者の皆さんと一緒につくる勉強会「勝人塾」の宮崎篇。宮崎は暖かいといいな~。人が温かいのは確実だし、会場も、皆さんの熱気で盛り上がるのは間違いないけどね! そして気付いてみれば、この連載も回を重ねて今回で10回目だ。読者の皆さん、いつも応援ありがとう。まだまだ続くので、これからもヨロシク!
 
 

ヤフーと一休はどっちの買収か

 
「会社が従業員と向き合う姿勢を持てば、従業員もお客さんと向き合うようになる」という話を前回しました。それとも少しからむけど、今回は企業買収のニュースから始めよう。
 
昨年12月15日、ネット検索大手のヤフージャパンが、高級ホテル・旅館の予約サイト大手の一休を買収することが発表されました。それぞれの業界で最大手の企業同士だから注目度も高かった。私も一報を聞いて「へー!」と思いました。と同時に、「この買収はどっちのタイプかな?」とも。
 
私は毎年、勝人塾の皆さんと一緒に、流通先進国アメリカに視察旅行に行っています。そんなこともあってアメリカの小売業者の買収事例をいくつか知っていて、直接現場の話を聞いたこともある。例えばザッポス。顧客のどんな無理難題にも“神対応”でこたえて熱狂的なファンがついていた、靴のオンライン販売の会社です。ここにアマゾンが目をつけて、ザッポスはかなり抵抗してがんばったけど、2009年にとうとう買収に応じた。私、その後が気になってしばらく見ていたんです。最初は私も、アマゾンはネット通販業者として1段上を目指すためにザッポスの優れた部分を吸収するつもりで買収したと思っていました。でも実態は――そんなキレイな狙いじゃなかった。
 
要はさ、アマゾンとしては、ザッポスみたいな商売をされると困っちゃうわけだよ。ザッポスは1999年の創業以来、顧客のためにコストをかけて、人手もちゃんとさいて、手厚いサービスで評価を高めた結果、2008年には売上高が10億ドルまで伸びていた。いっぽうのアマゾンは正反対の、とことんまで省力化したローコストオペレーションで利益を確保するビジネスモデルだ。だからそれ以上ザッポスが大きくならないうちに買収して、人材を引き抜いてアマゾンの人間をどんどん入れて、数年がかりで支配下に入れていった。
 
私は買収されてからのザッポスに何回か行って元々の社員に話を聞いたけど、変わったって言ってたもんね。「大きな声では言えないが、昔は自分たちのサービスに誇りを持っていたけど、今は無理だ。いろいろ規定がうるさくて現場の裁量で柔軟に動けない。お客さんのほうを向いた対応ができない」って。「昔は本当に靴が好きな社員が集まってみんなで楽しく働いてたけど、違ってきた」ってね。
 
その社員の個人的見解がたまたまそうだっただけという可能性はもちろんある。しかし、事実上、アマゾンは自社のやり方を最も業界標準にしやすい立場だ。そんな立場の企業がライバル会社を買収して5年から10年ぐらいかけてつぶしていくケースは欧米ではよくある。
 
それに比べると日本は、企業が発展するための買収しかまだ知らないと思う。生き馬の目を抜くような本当の意味の資本主義が日本に入ってきたのは、たかだか戦後になってからだからね。
 
ただ、各業界で大手の独占がもっと進んで圧倒的になってくれば、欧米型の企業買収が日本でも起こってくるだろう。すでにそのタイプの買収が始まった業界もある。敵は芽のうちにつぶすのが強者の戦略で、仮にそれがひとヤマ当てたいだけのベンチャーだったら、彼らは大手のおメガネにかなって買収されれば万歳なんだから、売っちゃうよね。自分たちのサービスがどれ程素晴らしく、どれだけお客さんに愛されてるかに気付いていなければね。
 
ヤフーと一休のケースはどっちのタイプかなというのはそういう意味です。日本はこれまで“ゆずりあい”の精神で発展してきたけど、今後、他の民族や文化が入ってきたらそうはいかないでしょう。自分たちは何を売っているのか。何がお客さんに喜ばれているのか。自覚して守るべきは守る。中小の事業者にこそ求められてくることだと思います。
 
 

範疇を越える楽しさ

 
アマゾンの悪口を言ったばっかりだけど(笑)、こんな話も聞いたよ。去年の11月だったかな、アマゾンが本社のあるシアトルで「amazon books」というリアル書店をオープンしたそうだ。しかも店に置く点数は通常の書店の4分の1もいかない5000から6000点。「ネット販売で全米のリアル書店を廃業させた当のアマゾンがなんでまた?」と思ったし、5000ぽっちしか置かないのも不思議だったけど、コンセプトはちょっと感心した。
 
というのは、どうやらこの店、アマゾンのユーザーレビューで星が4つ以上ついた本を集めて売る店のようなんです。ご存じの通り、アマゾンのレビューの星は本の内容への評価で、売れ行きの指標ではない。日本で同類のことをやろうとするとすぐ「売れ筋トップ5000」を集める発想になるけど、さすが消費先進国アメリカだ。
 
本でも映画でも、売れているからいいかって言ったら、そうじゃないでしょう。去年一番興行成績が良かった映画はディズニーの、何でしたっけ、雪の女王がどうとか? そりゃ悪いとは言わんけどさ、いいとも思わない。もっと本当にいい映画、感動する映画が他にいっぱいあるじゃない。興行成績は伴わなくてもさ。これからの時代の「豊かさ」って、そういう部分をいかに評価できるかなんじゃないかな。
 
アマゾンのリアル書店が当たるかどうかはわからない。店主が目利きして置く本を決める書店はあったがネットによる集合知が決める書店はなかったという意味で、まったく新しい試みだからね。でも、「売れてる」ということと「評価されてる」ということの区別が前提にあるとしたら、ちょっとのぞいてみたい気がするよね。
 
私も本は好きでよく読むし、本屋さんに行くのも好きです。リアル書店はさ、自分の目的の本の横に「ん?」っていう、なんとなくおもしろそうな本が見つかるのがいいんだよ。いろんなテーマのいろんなタイトルの本が目に入ってきて意外な発想につながることもある。どの商品分野でも、目的買いだけしていると既存の自分の範疇を出られません。
 
範疇というのは越える瞬間が楽しいんだ。楽しい体験をお客さんに提供する。それが我々商業者の原点だと思います。
 
 
 
佐藤勝人の 儲けてみっぺ
vol.10 楽しい体験を提供する

 著者プロフィール  

佐藤 勝人 Katsuhito Sato

サトーカメラ株式会社・代表取締役専務/佐藤商貿(上海)有限公司・総経理/日本販売促進研究所・経営コンサルタント/作新学院大学・客員教授

 経 歴  

1964年栃木県宇都宮市生まれ。1988年、兄弟とともに家業のカメラ店をカメラ専門チェーン店に業態転換させ、商圏をあえて栃木県内に絞ることにより、大手に負けない経営の差別化を図った。以来、「想い出をキレイに一生残すために」というコンセプトを追求し続けて県内に18店舗を展開。同時におちこぼれ社員たちを再生させる手腕にも評価が高まり、全国から経営者や幹部リーダーたちが同社を視察に訪れている。2015年からはキャノン中国とコンサルティング契約を結び、現場の人材育成の指導にあたる。主な著書に『売れない時代はチラシで売れ』『エキサイティングに売れ』(以上同文館出版)『日本でいちばん楽しそうな社員たち』(アスコム)『一点集中で中小店は必ず勝てる』(商業界)など。最新刊『断トツに勝つ人の地域一番化戦略』(商業界)が好評発売中。

 オフィシャルサイト 

http://satokatsuhito.com/

 オフィシャルフェイスブック 

https://www.facebook.com/katsuhito.sato.3?fref=ts

 サトーカメラオフィシャルサイト 

http://satocame.com/

 
 
(2016.2.10)
 
 
 
 

関連記事

最新トピックス記事

カテゴリ

バックナンバー

コラムニスト一覧

最新記事

話題の記事