B+ 仕事を楽しむためのWebマガジン

トピックスTOPICS

コラム 世界珍写行の発想術 vol.7 世界珍紀行の発想術 クリエイティブディレクター

コラム
 
20140716cl_38ex001.jpg
たぶん当たらない。
 
この印、
 
なんに見える?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
なんに見えますか?と、問いかけておいて、
いきなり正解から文章を始めるってのも無粋だけど。
まぁ、謎解きでなく、最初に犯人がわかって追い詰め感にハラハラする
『刑事コロンボ』みたいなもんかな、
最大級に良く言えばw。
 
 
僕の靴の横の印「こっち行くとトイレですよ」「進行方向こっちですよ」の矢印ではないんだよな。
これね、キウイの足跡。え? 当たった?
え? フルーツ? なわけないじゃん、キウイフルーツに足、ないし。
そう。ニュージーランドの国鳥であるキウイね、
翼がほとんどなくて色気のないまるっこい鳥。
キウイフルーツは、そのカタチがキウイにそっくりだから同じ名前になったのは有名。
そしてキウイ自身は、ニュージーランドの先住民マオリ族に「キーウィー」と鳴くからその名前をつけられたみたい。
 
マオリ族の寓話だとね、
昔、森の木々がいろんな虫たちに食べられて病んでいた、
そこで森の王が、虫たちを食べて森を守ってくれ、と、
いろんな鳥たちに頼んだんだって。
でも、どの鳥も薄情なの、っつーか、なんでオレが? オレ、どーでもいいし、
みたいに顔をそらしたわけ、
脚組んでたばこを吹きかけながら(想像)。
ただ、キウイだけが「いいですよ」と答えたんだって。
背筋を伸ばして、『もののけ姫』のアシタカのような澄んだマナコで(想像)。
で、王は、その美しい羽毛と翼を失い強靱な脚で地を駆けなければならないのだぞ、そう確認した。
え? そ、そ、それは、なんで、すかね?
無茶ですよ、翼あってもいいじゃん、むしろだから鳥に声かけたんでしょ?
と、僕は僭越にも思うけど、
でもキウイは了解したらしい。
だから、キウイはいまも翼はほとんどなく、走ることしかできない勇者。
鳥なのに、根性のあるなかなかの男前だ。いい話だ。
ほんとかどうかは別として、いい話だ。
 
 
インターネットの時代になって、FacebookやTwitterなどさまざまなSNSが流行って、
みんなが情報を発信したりシェアしたりする、
それはすばらしいことなんだけど、
反面、あまりにも無責任な情報、そしてそれらを
ご意見番気分でみんながセンセーショナルにシェアして、
さらにシェアすることそのものを仕事にする人たちも出現して、
なんつーか、ほんとになにを信じていいやら僕らは混乱してしまう。
 
特に膨大なネガティブな情報が眼について、僕個人として
これまでの経験則では処理できない
キャパオーバーだ。
いまさらマオリ族の時代に戻れるわけでもないし、
ひとりひとりが情報の見極めと品性みたいのが問われる時代なんだろうね。
石鹸屋の「LUSH」のサメ漁根絶キャンペーンもいろいろ話題になった。
そもそも出発点から問題があったけど、
批判の感情への向き合い方があまりにも計算尽くな感じでね、僕はとてもやだった。
涙する批判も「話題」と変換する無慈悲がね。
 
でも、こんな僕の言葉も、誰かのこころをミスリードするだろうし、
まったくの反対意見もあるだろうし、
「話題」に貢献するだろうし。
う~~~~~む、難しい時代だよね、ほんと。
 
 
さっきのね、脚と足の写真ね、実は、天地を逆にしてるの。
もともと僕の立っている位置から床を見るとさ、
僕は矢印に沿って立っているような感じ。
でも反対から見ると、それはキウイの歩いている道筋に見えるわけ。
固定観念に縛られず、定型にガチガチにならず、
ぐるりとまわりを見回して、視点を柔軟にしておいたほうがいいよね。
 
そう言えば、ニュージーランドの人には
「私はキウイだもん」
という言葉があるらしい。
ユニークな鳥であるキウイに例えて、自分は個性的な人間さ、だって。
 
 
 
(今回のキーワード)
視点は
逆にしたり横にしたり、
360度で。
 
 
 
 

 執筆者プロフィール 

永澤仁 Hitoshi Nagasawa
クリエイティブディレクター/run!run!! planning!!! 海の家 店主

 
20140319cl_38ex02.png もったいないワタシの売り方

永澤仁 (単行本(ソフトカバー) - Dec 21, 2013)
¥ 1,575
小さな会社や組織や個人を強くする!仕掛け絵本みたいなたのしく役立つ「発想法」「ブランド創造」「セールストークの書き方」を公開! 
本の購入はAmazon.co.jp
 

 経 歴 

セブン-イレブン(忌野清志郎さんが歌うブランドの根幹を担う「近くて便利」コミュニーケーション)、バイク王(雨上がり決死隊バージョン)、キリン氷結(発売から6年間)、シチズン(広告&商品開発)など数々のクリエイティブを責任者として手がけ、そのすべてをジャンプアップさせた実績を持つ。競合プレゼンでは独創的なスタイルで3年半無敗を記録。受賞歴は国内外100以上。強い、正しい、面白い! 国も地域も企業も商品もお店も人も、めざすゆたかな高みへ。

オフィシャルホームページ  http://umino-ie.jp
フェイスブック (個人) https://www.facebook.com/hitoshi.nagasawa.35
フェイスブック (海の家) https://www.facebook.com/uminoie777

 
 
 
 
 

 

関連記事